スポーツカーの磨きブログ

スポーツカーの磨きブログを集めました。

当店は7割スポーツカーの施工です。

 

 

ポルシェのコーティングが多いので、

御来店されるお客様も拘りの強い

方が多く、やりがいを感じています。

 

 

スポーツカーは車の中でも、

ボディラインが美しいので、

磨きで塗装が輝くと、

車に生命力が溢れます。

 

 

傷だらけのスポーツカーが、

綺麗になる工程をブログで

ご覧下さい。


Z34ロードスター ホイール・樹脂パーツ・幌のコーティング

 リピーターのお客様より、

ホイールコーティング

樹脂パーツコーティング

幌コーティングの再施工、

ガラス撥水、コーティングメンテナンスを

御依頼を頂きました。

 

 

ホイールは交換してから

半年程ですが保管状態が良く、

スムーズに施工できました。

 

 

カールトップ・ミラーベース等の

樹脂パーツの白ボケも

コーティングで黒さが回復して

質感が上がりました。

 

 

ボディのコーティングは他店さんで

施工されているので、本来は

メンテナンスを受けておりませんが、

今回は特例で施工。

 

 

ボディの鉄粉・WAXカスは多いですが、

傷は少なく、職人が丁寧に磨いた

事を物語っていました。

 

 

コーティングメンテナンスは、

研磨しないで、ボディを綺麗にする作業

なので、洗浄ですべて決まります。

 

 

作業後は、くすんでいた塗装に艶が

戻り、Z34の曲線美が際立つように

仕上がりました。

 

 

お客様で気にされていた、

カールトップ、ミラーベース等の

樹脂パーツの白ボケも

コーティングで黒さが回復。

 

 

幌は2年半前にコーティングして

幌用のカバーを装着されているので、

汚れも少なく、スムーズに施工。

写真を取り忘れたのが、残念。

 

 

ガラスも油膜が少なく、洗浄と

コーティングで透明感が向上。

 

 

車全体が綺麗になり、

お客様は「大切に乗って行こう」と

改めて思われてたそうです。

 

 

綺麗な車は人を幸せにしてくれますね♪

 

 

この度も、数ある施工店の中からの

御依頼誠に有難うございました。

GC‐05白のホイールコーティング 埼玉の車磨き専門店・アートディテール
プロドライブGC‐05Nのコーティング。
続きを読む

アルトワークス ナノガラスコーティング施工

 アルトワークスは、Z3Mロードスターの

オーナー様のご紹介で、

お二人揃ってご来店頂きました。

 

 

Z3Mのお客様から、今回も煎餅を

差し入れてくださいました♪

仕事だけでなく、お菓子まで(^^;)

大変恐縮です。

 

 

仕事後、とても美味しく頂きました★

やめられない、とまらない~♪

と、2日で食べてしまいました(笑)

 

 

さて本題のアルトの塗装ですが、

一部に深い傷、ルーフにシミ・クレーター、

がありましたが、パッと見は綺麗です。

 

 

普段の洗車で、簡易コーティングをされて

いるので、ホイールのブレーキダストも

落としやすかったです。

 

 

施工前後の写真を取りましたが、

違いが分からなかったので、

却下しました(笑)

 

 

けれど、磨き・コーティング後の艶感は

写真で分かって頂けると思います。

 

 

やはり綺麗な車は気持ちイイですね♪

納車後、お二人から感謝のメールを頂き、

お役に立てた事を実感致しました。

 

 

この度は数ある施工店の中からの

ご依頼・ご紹介を有難うございました。

TE37KCRの汚れ アルトワークス
ホイール内側にブレーキダストが目立ちます。
TE37KCRの洗浄・ブレーキダスト除去後
洗浄後のTE37KCR。

続きを読む

RX‐8 ホイールコーティング

昨年12月に磨いたRX‐8が、今回は

ホイールコーティングで入庫です。

いつも有難うございます。

 

 

塗装の状態があまり良くなく、

強力な洗剤も使用できず、

地道に、かつ慎重に洗浄しました。

 

 

ホイールの塗装は、ボディより薄いのに、

常にブレーキダストにさらされ過酷な

状況にあります。

 

 

定期的に洗っていても、ダストが焼付いて

綺麗にするのが難しい箇所です。

 

 

一度焼付くと、同じ所に固着して

層になり、塗装の中へ侵食します。

 

 

この状態で半年・1年と走行していると、

塗装が劣化して、ホイールの艶は

失われます。

 

 

ダメージを3段階で表すと、このホイールは

2.5くらいでした。

 

 

洗浄・コーティング後は、色・艶が改善されて

車全体の質感も向上しました。 
RX‐8のフロントホイール裏側・内側のブレーキダストの焼付き
フロントホイール裏側のダスト焼付き。
続きを読む

ユーノスロードスター 色あせ・曇り・チョーキング

シミが気になるという事で、所沢より

ご来店のユーノスロードスター(シルバー)。

 

 

車両を見ると、ボンネット・トランク・

フェンダー上面がチョーキングで、

塗装が色あせ、曇り、艶消し状態。

シミもクレーター化してました。

 

 

塗装が薄いので、

「塗り直した方が良いと思いますが、

一先ず磨いてお見せします」。

と説明。

 

 

仕上がりをご確認して頂くと、

「これで十分です」。との事で、

磨き・セラミックコーティング施工と

なりました。 
ユーノス・ロードスターのフェンダーの塗装が曇っている
フェンダーも、チョーキングで曇っています。
続きを読む

ケイマンS 磨き・セラミックコーティング

埼玉・上尾より、リピーターのお客様が

ケイマンS磨き・セラミックコーティング

御来店です。

 

 

程度が良く、前オーナーから大切に

乗られていた事が分かる車両で、

ルビーレッドの塗装が輝いてました。

 

 

傷は深くて除去できない所も

ありましたが、浅い傷は除去しました。

 

 

濃色車の磨きは気を使います。

施工を間違えると、傷は消えても

塗装が白ボケます。所謂、磨き傷です。

 

 

納車時に綺麗ならOKというのが、

この業界では常識なので、

そこまで、考えて研磨する施工店は

未だ少ないと思います。

 

 

今回は、2日間の施工でしたが、

1日目は10時~24時、

2日目は9時~19時まで掛かりました。

 

 

私が勤めてた施工店なら、

3分の1の時間で終わります。

 

 

だから、時間単価も良く、会社も大きくなります。

けどお客様は満足しているでしょうか?

 

 

埼玉だけでも、当店より有名で、

店も大きく、流行りのコーティングを

扱っている所は、沢山あります、

 

 

しかし、店も小さく、コーティング剤も

オリジナル、作業も遅いという、

普通なら敬遠される筈なのに、

お客様が増える一方です。

 

 

という事は、満足していない方が大勢いる

と思って間違いありません。

 

 

私は作業が遅いですが、それは

時間単価が下がったとしても

価値ある品質を提供したいからです。

 

 

車だけに限らず、世代を超えて残る物は、

拘りを追求した結果だと思います。

 

 

人の一生は短いです。

その間に、どれだけ多くの方に

「あなたに磨いてもらって良かった!」

と感じてもらえるかが、私には重要です。

 

 

本気でやっていると、自然と良心的な

お客様が増え、利益も付いてきます。

 

 

どうしたら綺麗に磨けるか?よりも

どうしたら儲かるか?という考えでは、

同じ施工でも、仕上がりは違います

 

 

ケイマンSのオーナー様、この度は

2台目の磨き・コーティングの御依頼、

誠に有難うございました。 
ケイマンSのボンネットの傷 ルビーレッド
照明の周辺に傷が見えます。
ケイマンSのボンネットの磨き後の艶 埼玉の車磨き専門店
傷除去。縦に伸びてるのは、傷ではありません。

続きを読む

S660 磨き・セラミックコーティング・幌コーティング

ボディの磨き・セラミックコーティングと、

幌コーティングで、東京・中央区より

S660がご来店。

 

 

中古で、購入されたばかりで、

パッと見は凄く綺麗。

傷、水垢、シミも殆どありません。

 

 

が、「ここは綺麗にしないとね」。

という所が多々ありました。

 

 

ドアノブの隙間、リアスポイラーの下、

インテークダクトの隙間汚れ。

私は気になりました。

 

 

このまま、見える所だけ磨いて

コーティングしても、汚れが

雨で流れ出て、水垢となります。

 

 

それに、気分悪いですよ。

コーティング出来ました!て言って、

隙間がこんな仕上げだったら、、、。

 

 

車の艶は磨きで決まるけど、

洗浄が適当だと、磨いた後に

細かい所の汚れが目立ちます。

 

 

コーティングの定着も悪くなります。

だから洗浄も拘っています。 
S660のドアノブ隙間の汚れ
ドアノブの隙間に土・泥汚れ。
S660のドアノブの汚れ・傷除去
洗浄・磨きで綺麗になりました。

続きを読む

ポルシェ964 セラミックコーティング・ホイールコーティング

極上のポルシェ964が、

埼玉・ふじみ野より、

磨き・セラミックコーティング、

ホイールコーティングで入庫。

 

 

購入されたばかりで、

コーティング店を何件か伺って、

当店へ決めて頂けました。

 

 

他店では、塗装もあまり確認せず、

保管状況も聞かず、

いきなり40万のコーティングを勧められ

「納得出来なかった」。との事でした。

 

 

そんな時、当店のホームページを見つけ、

「良いかもしれない」と感じ、

何よりオーナー様も私も道産子で、

それも決め手だった?ようです(笑)

 

 

育った市も近く、他の共通点もあり、驚きました。

出会い・御縁とは不思議なものですね。

 

 

では、施工の話しに移ります。

車全体、とにかく綺麗で、

普通の人なら新車に見える程。

 

 

ホイールも塗装されていて、

新品のような艶でした。

 

 

なので、ボディ・ホイール共に

洗浄・鉄粉除去がスムーズに

出来ました。

 

 

磨きも、ポルシェでは近年稀に見る

スムーズな作業スピードで、

気持ちよくコーティング作業迄、

行けました。

 

 

当初より、時間に余裕が出来たので

セラミックコーティング

ハイエンド・ホイールコーティング共に、

1層増しで施工。

 

 

オーナー様は「これ以上、綺麗になるのか?」と

当初は思っていたそうですが、、、。

 

 

「いやー本当新車みたい」。

「このまま飾っておきたい」。

「ホイールが特に綺麗になった」。

と喜ばれていました。

 

 

今回の施工、他店の40万より

かなりリーズナブルです。

 

 

ホイールコーティング込みで、

10万でお釣りがきます。

 

 

仕上がりは私が見ても、

十分な艶だと思いますが、

如何でしょうか?

 

 

当店は、高い施工しかやらない

イメージを持たれますが、

良心的な方だと思います。

 

 

だから看板も無い、知名度も無い、

代車も無い、小さい店でも、

お客様が来てくれるのだと思います。

 

 

これからも、お客様1人1人の要望に

応えられる職人でありたいと考えています。 

 

 

この度は、数ある施工店の中からの御依頼、

誠に有難うございました。

ポルシェ964のエンブレムの汚れ
エンブレム周辺に黒ずみ。
ポルシェ964のエンブレムの汚れ除去
可能な限り綺麗にしました。

続きを読む

ポルシェ964 コーティングメンテナンス

東京・多摩のお客様から、

ポルシェ964コーティングメンテナンスを、

ご依頼頂きました。

 

 

3年前に施工しましたが、

ボディカバーを掛けているので、

汚れが少ないです。

 

 

しかし、カバーの裏地が粗く、

塗装と擦れて部分的に、艶消し状態。

よくあるパターンです。

 

 

幸い、磨けば艶・輝きを回復させられる

程度だったので、良かったですね。

 

 

次回の再施工の後は、裏地が柔らかい物に

交換されるか、カバーを掛けずに

保管された方が、傷は付かないので、

塗装に良いかと思います。

 

 

ただ、カバーのメリットは多く、

紫外線・水垢・鳥糞・花粉を防ぎ、

ゴム・樹脂パーツの白化、

内装の色褪せも守る等、

コーティングより、保護効果は高いです。

 

 

ですから、傷付かないように上手く

利用すれば、こんなに優れたアイテムは

他にないと思います。

 

 

どうすれば、傷を防げるのか

効果的な方法があれば、

紹介していきます。

 

 

この度も、数ある施工店の中からのご依頼、

誠に有難うございました。 
ポルシェ964のコーティングメンテナンス完成後の艶
メンテナンス後。パッと見は綺麗です。
続きを読む

トヨタ86・GRスポーツ コーティングメンテナンス

 トヨタ86はコーティングメンテナンスで

所沢より、ご来店です。

 

 

昨年の10月にセラミックコーティングを、

施工して頂いて、7カ月経過。

 

 

3月に御連絡頂いた際は、

「花粉のシミが気になってきた」。

との事だったので、

塗装が心配でした。

 

 

ご来店時に一緒に車を確認しましたが、

シミのトラブルは無く、

ホッとしました。

 

 

 

 

セラミックコーティングでシミが酷くなった

車は無いので、ずっと何故だろう?

と考えてましたが、何事も無くて

本当に良かったです。

 

 

塗装の状態は良好で、

通勤に使用しているとは思えないレベル。

お陰さまで、メンテナンスでの洗浄が

とても楽でした。

 

 

浮いた時間で、色々テストも出来て

艶・白さも向上。

「新車みたいだ」。と喜んで頂き、

嬉しく思いました。

 

 

この度は。コーティングメンテナンス

 

御依頼、有難うございました。

鉄粉除去中のトヨタ86
鉄粉は、そこそこ付着してました。
続きを読む

トヨタ86の磨き シミ・クレーターが目立つ塗装

トヨタ86・スタイルCBは、ボンネットの

シミ・クレーターが気になるとの事で、

川越より、ご来店頂きました。

 

 

塗装を確認すると、クレーターは深く陥没

していて、シミも多く、くすんで白ボケた

ボンネットでした。

 

 

お客様に現状をお伝えして、

「完全除去は難しいので、

クレーターを少し目立つにくくする

程度の磨きが、良いと思います」。

 

 

と説明をしてから、ボンネットの1部分を

磨き、確認をしてもらい、

OKを頂いて施工へ。

 

 

研磨作業は6時間掛かり。

パッと見のシミ・クレーターは目立たなくなり、

艶はかなり改善されました。

 

 

スポーツカーはデザインが洗練されて居るので、

綺麗になると存在感が全然違いますね。

この度は数ある施工店の中からの御依頼、

誠に有難うございました。 
トヨタ86のシミが目立つボンネット
シミ・クレーターが目立つボンネット。
続きを読む

ケイマン ボディカバーの擦り傷除去

ボディカバーの擦り傷が目立つ、

黒のケイマンS。多摩のお客様で、

2台目の磨きの御依頼有難うございます。

 

 

塗装に深い傷も沢山ありましたが、

固まったWAXカスも隙間に沢山

詰まっていて、除去に2時間掛かり。

 

 

ずぼらな施工者なら、そのままコーティングするけど

私は気になってイライラします。

 

 

ボディを綺麗に磨く程、少しのWAXカスが

美観を台無しにします。

なので、洗浄も磨きくらい大切です。

 

 

で、お客様が一番気にされている、

ボディカバーの擦り傷は、長さ15cm程で、

深さもありました。

 

 

見た時は、「除去は難しいかな?」と

思いましたが、じっくり攻めて除去。

一部、残った傷もありますが、

目立たなくなりました

 

 

黒は洗車の仕方に気を付けないと、

傷だらけになって、

嫌になる方も多いです。

 

 

しかし、磨いて綺麗になると、

「やっぱり黒はイイな!」となります。

 

 

施工する側も、黒い塗装の磨きは

胃が痛くなりますが、達成感は格別です。

 

 

今回は傷が深くて苦労しましたが

美しいバサルトブラックに仕上がり、

楽しい磨き・コーティング施工となりました。
ケイマンのドアに傷 黒い塗装なので傷が目立つ
深い擦り傷が3本。これは嫌ですね。
続きを読む

ランチア・デルタ・エボⅡ 傷除去・セラミックコーティング

ランチア・デルタHFインテグラーレ・エボルツィオーネⅡ

は大宮からご来店。

 

 

ランチア、いつ見てもカッコイイ!

WRC6連覇の記録があるので、

余計煌びやかに映ります。

 

 

この車両は、1年前にオールペンされているので、

ランチア・デルタ特有のリスクは少ないですが、

クラック・剥がれが発生していて、

慎重に作業しました。

 

 

塗装は濃色で傷も目立つし、

鏡面磨きをされているので、

クリア塗装も薄くなっています。

 

 

特に階段状のブリスターフェンダーは、

エッジ部分が多く、リスクが高まります。

傷が残っても、磨き過ぎてもダメなので、

少しずつ仕上がりを探っていきました。

 

 

こんな感じ?それともこうかな?

と色々試して、解決策が見えてきます。

この瞬間が、磨きの楽しい所です。

登山のような爽快感があります。

 

 

方向が定まり、ボディ全体を磨き、

セラミックコーティングを施工して、完成。

濡れたような艶に仕上がりました。

 

 

傷だらけのランチア・デルタもカッコイイですが、

美しい方が気持ち良いですよね。

この度は、数ある施工店の中から、

ご依頼ありがとうございました。 
ランチア・デルタHFインテグラーレのフェンダーの傷
フェンダーの傷。
ランチア・デルタのフェンダーの傷除去
フェンダーの傷除去。

続きを読む

RX‐8 泥汚れ・染み除去・ヘッドライト磨き

ボディの染み・ライトの曇りが気になるという事で、

ご来店のRX‐8。

 

 

以前、ライト磨きでご相談の際は、

劣化したクリアをペーパーで剥がす

施工をご提案しておりましたが、

クリアの劣化が少なかったので、

安く綺麗に出来る施工をお勧めしました。

 

 

ボディは、全体に染みが目立っていて、

ボンネット・ルーフ・トランクは、

半分くらい陥没してクレーター状態。

 

 

まずは1ヶ所、磨きをお見せして

「予算内の磨きではクレーターは

除去できませんが、表面の染みは消えます」。

とお伝えして、ご納得頂きました。

 

 

施工を始めると、ボディ隙間の・苔、

が凄くて、作業が捗りません。

 

 

泥が落ちても、その下は水垢が固着して、

根気のいる除去作業が続き、 

洗浄に1日掛かりです。

 

 

鉄粉除去も、ボディはザラザラで3時間。

普通は30分も掛からない作業なので、

どれだけ鉄粉が多いのか分かると思います。

 

 

その証拠に、洗浄工程を終えただけで、

別の車に見える程、白さ・艶が回復。

改めて下地処理の大切さを実感しました。

 

 

そして磨き作業。

今回は、深い傷は追わずに

染み除去を優先しての研磨。

 

 

写真では、分かりにくいので撮ってませんが、

ボディ上面だけじゃなく、ドア・フェンダー

にも雨染みが沢山付着していて、

塗装が曇った様になっていました。

 

 

磨き後は、パールホワイトの鮮やかさが

回復して、RX‐8の本来の魅力が復活。

今後は、定期的な洗車を心掛けて、

美しいロータリースポーツを

楽しんで頂きたいと思います。

 

 

この度は、神奈川からのご来店・ご依頼、

誠にありがとうございました。 

続きを読む

BCNR33 傷除去・コーティング

久しぶりにBCNR33の磨きです。

BNR32・34とは違う、

流麗なボディラインが好きです。

 

 

今回は作業前にGT‐Rのエンブレム交換。

新しいエンブレムは、Rの部分にキャンディレッドの

塗装がされていて、高級感があります。

たかがエンブレムですが、

これに変えただけで、車が引き締まるので不思議です。

 

 

この33は4年前にオールペンしているとの事でしたが、

深い傷が多くボカシ目クリアのひび割れ

テールランプのクリア剥がれが有り、

慎重に塗装を研磨をしました。

 

 

写真を撮る余裕が無かったので、

施工前の状態は見れませんが、

磨き・コーティングをした事で。

ソニックシルバーの艶を、

復元出来と思います。

 

 

さて、BCNR33は95年のデビューから23年経過しました。

95年はポケベル・ビデオテープの時代で、

スマホ、Youtubeはありません。

 

 

新しい車には新しい魅力がありますが、

古い車には当時の憧れ・思い出・時代背景など、

感情的な事が付随して、

特別に感じるものです。

 

 

特に昭和世代は、「物を大事にしなさい」と

教わっているので、古い車を大事にする傾向が

強いと思います。

 

 

私も例に洩れず、やはり古い車が好きです。

「俺の車も古くなってきたから綺麗にしたいなぁ」と、

お考えでしたら、お話しを聞かせてください。 
BCNR33のGT‐Rエンブレムの色褪せ
Rの部分が、色褪せてます。
BCNR33のGT‐Rエンブレムの脱着。
GT‐Rエンブレム外し。

続きを読む

R35GT‐R 焼付けホイールコーティング

見た目以上に、ブレーキダストの固着が有り

洗浄に時間が掛かりました。

 

 

裏面は特に塗装が薄く、

ベースカラーが入ってない所もあり、

細心の注意を払いながら作業を進めました。

 

 

コーティングの塗りも、楽ではありません。

ドロドロとしたコーティング剤なので、

伸びが悪く、拭き取りずらく、硬化が早い、

という最悪の製品です。

 

 

しかし、耐久性・持続性・艶感が良く、

お客様の評価が高いので、

使わざるを得ないという現状。

 

 

こちらのオーナー様も、前回BNR34の

LMGT4の施工で気に入って頂き、

R35・トラックエディション

ホイールコーティングとなりました。

 

 

コーティングが完了したホイールは、

御覧の通りの艶に仕上がりました。

センターキャップも、コーティングを焼付けて

色の深み・メッキの輝きが向上しています。

 

 

R35・トラックエディションにコーティングした

ニスモホイールを装着すると、

車の質感が向上して、

威厳のあるオーラを感じます。

 

 

R35・トラックエディションは、570PSの

スーパーカーですからダストの量も、

普通のスポーツカーとは比較になりません。

 

 

その分、ホイールの洗浄も手間が掛かります。

ホイールコーティングをしておけば、

短時間でホイールを綺麗に出来ます。

 

 

ホイールはブレーキダストが焼付く前に、

コーティングするのが、お勧めです。

この度も、3度目の施工有難うございました。

R35ニスモホイールの汚れ
ブレーキダストが全体に付着。
R35トラックエディションのレイズ製純正ホイール
裏側はダストが大量。

続きを読む

BNR34 水垢・傷除去

塗装の劣化が目立つBNR34

色が透けてる、深い傷が多い、

水垢が固着してボディが茶色、

細部の黒ずみが多い状態でした。

 

 

磨きのリスクが高く、難しい施工です。

研磨は最小限に、傷を目立たなくして、

塗装の厚さも、確保しなければなりません。

 

 

なので、時間が掛かり大変でした。

「傷目立つけど、これ以上磨けない、どうするか」と、

試行錯誤を繰り返しての作業。

 

 

2日間の作業で、茶色のボディが白くなり

白ボケてた塗装に、艶が戻りました。

やはり美しいスポーツカーはイイですね。

 

 

スポーツカーは走りも大事ですが、

綺麗にする事で車本来の魅力を

改めて感じられると思います。

 

 

綺麗になった愛車を見れば、

「大切にしよう!」という気持ちになり、

洗車頻度も増え、数年後も艶を維持できます。

 

 

水垢が付いたまま放置している方、

傷だらけで諦めている方、

一度、磨きませんか? 
BNR34のボンネットの傷
ボンネットの傷。
BNR34GT‐Rのボンネット磨き後
磨き後。

続きを読む

930ターボ 磨き・セラミックコーティング

オールペン後のコーティング

多摩よりご来店のポルシェ・930ターボ(89年、最終型)。

 

 

綺麗なので、経年車より磨きは楽と

思われがちですが、難しいです。

 

 

マニュアル通りの磨きと、

パネル毎の塗り肌・状態に合わせた

磨きでは、施工方法も仕上がりも違います。

 

 

単純な作業程、深かったりするものです。

気付くか、気付かないか。

たかが磨き、されど磨き。だと思います。

 

 

数日かけて磨いた930ターボは、

セラミックコーティングを施工して。

鮮やかな光沢に仕上がりました。

きっと車も喜んでくれていると思います。

 

 

ところで930ターボは、何年デビューか御存知ですか?

1975年です。

 

 

70年代の国産車といえば、

フェアレディZ(S30)、スカイラインGT‐R(KPGC10)、

セリカ・リフトバック、サバンナ等がありました。

 

 

どの車も個性的で、カッコイイですが、

その中に930ターボが混じると、

やはり格が違います。

 

 

パワーにおいては、明確な差があります。

スカイラインGT‐Rで160PS(グロス値)、

930ターボ(3.0L)は260PS。

77年、3.3Lモデルは300PSあります。

 

 

パワーだけ?のアメ車とは違い、

世界中のレースで耐久性が裏打ちされているのが、

ポルシェならではの魅力です。

 

 

930ターボは、それを象徴する偉大な車であり、

ポルシェと聞くと、このモデルを想像する方も

多い、メーカーのイメージを代表する

スポーツカーだと思います。

 

 

そんな希少な車を施工出来て、

今回は特別、幸せな気分になれました。

この度も、ご依頼ありがとうございました。
930ターボのセラミックコーティング完成
続きを読む

トヨタ86・GRスポーツ セラミックコーティング

86GRスポーツは、所沢からご来店。

初めて間近で見ましたが

カッコイイです、この車。

FR・軽量・マニュアルミッションと

3拍子揃ったスポーツカーです。

 

 

車の需要自体が減少している中、

しかもスポーツカーという現代では、

マニアにしか受けない?車を作ってくれた

トヨタ・スバルの英断に感謝ですね。

 

 

オーナー様もしばらくは、オートマ車に

乗られていたとの事でしたが、

久しぶりにマニュアル車に乗りたくなって

トヨタ86を購入となったようです。

 

 

やはりマニュアルのスポーツカーとの

一体感は、他に無い喜びがあります。

 

 

そこに、花を添えるのがコーティングです。

自分の車がいつも綺麗だと、

それだけで気持ち良いものです。

 

 

塗装面に映りこむ自然風景、

街の街灯、夕日に染まる空、等。

日常の瞬間に、美を感じる事が出来ます。

 

 

洗車の時には、汚れが簡単に落ちるから、

体力も時間も使いません。

洗車後のドライブも快適です。

 

 

さて、86GRスポーツの状態ですが、

納車後、2週間で汚れていましたが、

傷は目立ちませんでした。

 

 

「ボディで気なる所はありますか?」と

オーナー様に伺っても「特にありません」

との事だったので、

【磨き無しのコーティング】をご案内。

 

 

但し、「洗車後に傷が目立つ事があるので、

何かあれば、ご連絡致します」と説明。

 

 

洗車をしてみると、傷はありませんが、

ザラザラ感があり、目に見えない鉄粉が

付着していましたので、オーナー様に連絡。

 

 

「このままコーティングしても、見た目には

問題ありませんが、コーティングの持続性は

低下します」。

 

 

とお伝えしたところ、

「折角なので磨きもお願いします」。

とのお返事を頂き、磨く事になりました。

 

 

当店は磨き専門店なので、

【磨きを強要する】

と思われるかもしれませんが、

それは絶対ありません。

 

 

オーナー様が気にしてない傷を、

「これを消さないとコーティング定着しませんよ」

とか言っちゃう施工店ではありません。

 

 

オーナー様が必要としてない施工は、

無駄な出費としか感じないのではないでしょうか。

 

 

あくまでオーナー様の価値観に沿って、

施工を行うのがアートディテールです。 

 

 

では話しを施工に戻します。

鉄粉以外では、サイドステップ左側の

雨染みが気になりました。

 

 

面積の小さいパーツですが、

磨くと全体の質感が向上します。

「神は細部に宿る」という言葉の通りです。

 

 

ボディも丁寧に磨いて、新車本来の艶に

仕上がったと思います。

 

 

特に、グレーメタリックに塗装された

GRパーツのフロントスポイラー、

リアスポイラー、フェンダーガー二ッシュ

の艶・光沢が向上しました。

 

 

仕上げに、セラミックコーティングを

スプレーガンで拭き付けて、

86GRスポーツの質感がアップしました。

 

 

最後は、ヘッドライトの黄ばみ防止の対策で

ヘッドライト専用のコーティング剤を、

赤外線ヒーターで焼き付け施工。

新車時の施工が、一番効果があります。

 

 

すべての磨き・コーティング作業が終わった

トヨタ86は、入庫時とは比較にならない

美観へと生まれ変わりました。

 

 

オーナー様と、車を眺めながら

色々とお話しをさせて頂きました。

毎回そうですが、自分の車が綺麗になると

みなさん、満面の笑みで愛車を眺めます。

 

 

それを見ている時に、「幸せだなぁ」。

と私は感じます。

これからも、車の美を求めて

日々鍛錬していこうと思います。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

ありがとうございました。

ご紹介して頂いたN様にも感謝、致します。

 

 

N様のご紹介がなければ、

Y様のご来店もなかったと思います。

お二方とも、本当に有難うございました。 
トヨタ86のセラミックコーティング後の艶
続きを読む

ポルシェ993 セラミックコーティング

1年前にオールペンした

ポルシェ993ですが、

洗車も殆どされていなく、

塗装のダメージが目立っていました。

 

 

施工内容は、ボディを軽く磨いて、

セラミックコーティングを施工。

傷・シミの改善より

塗装の保護を優先した作業となりました。

 

 

施工後、所々ダメージは残っていますが、

ボディの艶・光沢は向上しました。

これからは、定期的な洗車を心がけ、

傷・シミが増えないように

維持してほしいです。 

ポルシェ993のセラミックコーティング完成
続きを読む

BNR32 コーティング再施工

コーティング再施工のBNR32

定期的にメンテナンスを受けているので、

汚れは殆どなく、磨きもスムーズに出来ました。

 

 

ホイールはコーティング後、2年半経過してますが、

中性洗剤で簡単に綺麗になります。

持続目安は控えめに1年と謳ってますが、

オーナー様のお手入れのお陰で、

コーティングは、かなり長持ちしています。

 

 

2日間の磨き・コーティング作業で

艶々ボディに仕上がり、足元はLMGT4が引き締め、

BNR32の魅力が一段と向上。

洗練されたデザイン・美しい塗装は、

見る者にパワーを与えてくれますね。

 

 

車を綺麗にしていると、故障が少なかったり

事故が少ないという話しを良く聞きます。

私は「車がオーナーに感謝しているから」と思っています。

 

 

過去、バイクコーティングしたお客様が

「エンジンの掛かりが良くなった」という件。

「何かしたの?」と聞かれ、

「バイクが感謝しているんです」と、説明しておきました(笑)

 

 

科学的にはありえませんが、「機械にも感情がある」

と思えば、車の接し方も面白くなります。

 

 

自分は車に感謝しているだろうか?

汚れたまま、放置していないだろうか?

今一度、車への態度を見直してみましょう。

 

 

オーナー様、この度もコーティング

ご依頼ありがとうございました。

頂いた梨も、食後に美味しく頂いております。

これからも変わらず、BNR32を大切にしてください。 
BNR32磨き後のテールランプの艶
テールランプも綺麗に。
続きを読む

BNR32 塗装後のコーティング

塗装して綺麗になったBNR32を、

美しく維持する為に、コーティングしました。

 

 

シルバーは営業車のイメージですが、

丁寧に磨くと別格の魅力を放ちます。

 

 

「刀のような雰囲気」とでも言うか、

BNR32が持つ、王者の風格に

相応しい色だと思います。

 

 

さてオーナー様の美への執着は、

ボディだけに止まらず、

エンジンルームは美術館のようで。

RB26の結晶塗装もきまってます。

 

 

お客様の思いと、職人の技術が生み出した作品は、

時を重ねる毎に、心に眩しく映りますね。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

オーナー様の熱い拘りが、とても刺激になりました。 
BNR32のコーティング完成
続きを読む

ロータス・エリーゼ ナノガラスコーティング

新車のエリーゼスポーツは所沢よりご来店。

ボディ・ホイール・幌のガラスコーティング、

ガラス撥水コーティングのオーダーを頂きました。

 

 

お客様と塗装を確認していると、

無数のペーパー目・深い傷を確認しました。

 

 

除去できない傷・できる傷を説明した後で、

部分的に磨いて、仕上がりを納得頂き

施工に入ります

 

 

お客様から「事前にここまでしてくれる店はなかった」

とよく言われますが、服なら試着、

食材なら試食、車なら試乗があります。

 

 

それと同じです。私なら結果の分からない事に、

お金は払えません。

だからボディの研磨を、事前にお見せしています。

 

 

では、話しを施工に戻します。

そもそもペーパー目とは何か?というと、

 

 

塗装をした時にゴミ・埃が混入した所を、

ペーパー(紙やすり)で除去します。 

その時に付く傷を、ペーパー目と言います。

 

 

上手い塗装職人だと、ペーパー目が浅いし、

あっても数カ所です。

 

 

エリーゼの塗装には、30カ所ありました

驚く事に、ロータスに詳しい同業者に確認してもらったら、

「程度が良い」との事。普通はもっとあるらしい。

黒のエリーゼなら、5kgは痩せそうです。

 

 

施工は幌・ホイール・ガラス・

撥水のコーティングを先に終わらせ、

塗装の研磨前に、体を慣らしていきました。

 

 

磨き作業に入ると、見えてなかった傷が、

ここも?あそこも!?と沢山見つかって

「適当な仕事するなよ!」と、

思いながら1カ所ずつ丹念に磨きました

 

 

塗装の状態により、磨けない所もありましたが、

ペーパー目・傷も目立たなくなり、艶も向上して

ロータス・エリーゼの魅力を引き出せたかと思います。

やはり車は綺麗に、気持ち良く乗りたいものですね。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

ありがとうございました。綺麗に乗り続けていけるように、

サポートさせて頂きますので、ご不明な事があれば、

いつでもご連絡ください。

ロータス・エリーゼのエンジンフードの磨き後 埼玉の車磨き専門店
エンジンカバー・ダックテールの磨きは苦労しました。
続きを読む

ポルシェ944 傷除去 セラミックコーティング

ポルシェ944は川越からのご来店。

久しぶりに944の磨き。

傷が多い黒で、楽しい施工でした。

 

 

ボンネット・ルーフは綺麗にペイントされているので、

他のパネルを、その艶に合うように研磨する必要があります。

各パネルで、ぼかし目・パテ痕も目立ってますので、

慎重に塗装を研磨しました。

 

 

磨きすぎると、ぼかし目が際立って汚く見えますし、

磨きが足りないと、艶が悪くなりますので、

難易度の高い施工でした。

 

 

磨き・コーティング後は、メタリック粒子の輝きが強調され、

上品なポルシェ944に仕上がりました。

911にはない、角張ったデザインも新鮮でカッコイイですね。 

この度も、ご依頼有難うございました。

ポルシェ944のフェンダーに傷
フェンダーに傷が沢山。
ポルシェ944のフェンダーの傷除去
磨きで傷が目立たなくなりました。

続きを読む

BNR34 コーティングメンテナンス ホイールコーティング

昨年の5月に磨き・コーティングしたBNR34です。

ひとめで、丁寧に扱かわれているのが、

分かるコンディションでした。

 

 

洗車してみると、撥水の劣化が殆どなく、

コロコロの水玉になっていたので、

市販のコーティング剤を塗っているのだろう

と思っていましたが、

「何もしていません」。との事で驚きました。

 

 

ガレージ保管で、屋外よりダメージは少ないですが、

施工から5000kmも走行していれば、

フロントバンパー・ボンネットは、

撥水が弱くなるはずが、劣化がありません。

洗車がどれだけ重要か、良いデータが取れました。

 

 

コーティングメンテナンス後の見た目は、

元が綺麗すぎるので、殆ど変わりません(笑)

 

 

しかし、付着していた汚れ・染みを除去したので、

コーティング施工時の、滑らかな手触り・汚れ落ちを

実感して頂けると思います。

BNR34のコーティングメンテナンス完成 埼玉の車磨き専門店
綺麗すぎるBNR34。
続きを読む

RX‐8 黒 色褪せ・染み 

「磨きを検討しているので、1度車を見てもらえますか?」

との事で上尾よりご来店頂いたRX‐8、黒。

 

 

ボディは艶がなく、色褪せた状態で

ボンネット・ルーフ・トランクは、

染み・クレーター・傷が目立っていました。

 

 

「綺麗になりますか?」というご質問に、

「塗装がかなり薄いので、艶出し程度の磨きしか出来ません。

部分的に磨きますので、それでご判断ください」と、ご説明。

 

 

磨き後、ご納得頂いて、後日施工となりました。

ボディ全体を磨いてみると、1パネル毎に

極端に薄い所があったりで、艶の調整に時間がかかりました。

 

 

「磨き過ぎず、磨かな過ぎず」という感じで作業を進め、

RX‐8の黒・スパークリングブラックパールに艶が戻りました。

 

 

コーティング作業は、お客様自身でバリアスコートを施工。

拭き取りには慣れが必要でしたが、

濃い艶・ツルツルとした肌触りで、

綺麗に仕上っていました。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。 
ボンネットの染みが目立つRX‐8 スパークリングブラックパール
艶がないボンネット。
RX‐8のボンネット磨き後
磨き後。

続きを読む

アルトワークス コーティングメンテナンス

半年前にコーティングした、

アルトワークスのコーティングメンテナンスです。

サーキット走行をされるので、

タイヤカスがボディに付着しています。

ホイールのブレーキダストも目立ちます。

 

 

が、オーナー様の定期的な洗車は、

細かい所まで手が入っているので、

作業もスムーズに進み、

短時間でピュアホワイトパールの白さが戻りました。

サーキット仕様でも、車は綺麗な方が良いですね!

 

 

この度もコーティングメンテナンスのご依頼、

誠に有難うございました。 

タイヤカスが目立つアルトワークスのサイドステップ
サイドステップはタイヤカスが凄い!
続きを読む

ボディカバーの染み除去 ポルシェ996

ボディカバーを装着したら、染みが付いて取れない」。

との事で、所沢からご来店のポルシェ996。

 

 

ボディカバー生地(裏起毛)にも、汚れは堆積するので、

放置せずに水洗いでメンテナンスをする事で、

シミを防ぐ事ができます。

 

 

シミが固着した場合、メーカーによると

・太陽光に数カ月当てれば消える事もある。

・赤外線ヒーターに当てると、改善できる事もある。

・最悪、塗装。

 

 

というのが、常識のようです。今回のお客様は

ご自身で磨いても、シミが除去できず、

コーティング屋に色々と問い合わせたけど、

納得のいく解答が得られなかったそうです。

 

 

そんな時、当店のホームページを見つけ、

お問い合わせ頂きました。

「一部、磨いてお見せしますので、ご納得頂けたら、施工に入ります。」

という説明と、おおまかな金額をお伝えして、ご来店となりました。

 

 

シミを見た時は「消せないかも、、、」と思いましたが、

磨きで除去できました

お客様の安堵の表情・感謝の言葉を聞いて、

かなり悩まれていた事が、伝わってきました。

 

 

汚れ・傷を防ぐ為にボディカバーを装着したのに、

それが原因で、染みが発生してしまった訳ですから、

やりきれない気持ちだったと思います。

 

 

今回は、研磨で除去できて良かったですが、

再塗装をするケースもあるようですから、

放置せず、早めの対策をお勧めします。 

 

 

この度は数ある施工店の中からの御依頼、

誠に有難うございました。

ボディカバーの染み汚れ  ポルシェ996
ボディカバーの染み汚れ。不気味な感じです。
続きを読む

ポルシェ964ターボ 花粉染み除去

今年は花粉の量が凄い!! 

昨年の428倍のスギ花粉が飛散

とニュースでやっていました。

 

 

この964ターボのような花粉染みを何台も見ています。

洗車しても、翌日にはベトベト・ザラザラな状態になり、

気付くと花粉染みになっています。

 

 

濃色車は特に目立つので、

焦ってしまう方も多いと思いますが、

問題なく除去できますので、ご安心ください。

ルビーストーンレッドの964ターボも、

花粉染みを除去して、スッキリしました。

 

 

花粉は、水分を含むと酸性の液体を出して、

花粉染みが出来ます

 

 

花粉染みが出来ると、花粉が集まりやすくなり、

塗装が陥没していきますので、

こまめな洗車で、被害を抑えましょう。 
964ターボの花粉染み ルビーストーンレッド
ボンネットの花粉染み。
続きを読む

フェラーリ・カリフォルニア 線キズ除去・ナノガラスコーティング

前回、996ターボの磨きを

ご依頼頂いた都内のお客様より、

フェラーリ・カリフォルニアを購入したので、

ビカビカ仕様でとコーティングの

ご依頼を頂きました。

 

 

お客様が気にされている通り、

深い線キズ陥没した雨染みが、

ボディ上面に確認できます。

他に塗装のボカシもありました。

 

 

塗装は鏡面で薄くなっていますから、

研磨できる量は少ない。

 

 

しかし、キズを消さなきゃビカビカにならない。

でも完全除去したら、クリアが剥がれそう、、、。

 

 

そんな状況での研磨作業でしたが、

ロッソコルサの艶が回復しました。

 

 

フェラーリの磨き動画もご覧下さい。

 

 

この度も、ナノガラスコーティングのご依頼、

誠にありがとうございました。

お菓子も、ご馳走様でした。

フェラーリカリフォルニアのフェンダーの傷
リアフェンダーの傷。
フェラーリのフェンダーの傷除去
磨きで傷が目立たなくなりました。

続きを読む

ポルシェ993 ボディカバーの擦り傷除去・コーティング洗車

サーキット帰りに、コーティング洗車で

ご来店頂きました。

途中、塩カルを巻いた所を走ったの事で、

下回りを高圧で綺麗に洗浄。

 

 

ボディカバーを装着されている事もあり、

かなり綺麗でしたが、カバーが干渉する

フェンダー・ミラーの端は、

浅い傷が目立ちました。

幸いにも軽傷だったのでクリーナーで、

綺麗になりました。

 

 

他には、リアウイングの根元・

フェンダーアーチ等に

タイヤカス等が付いてましたが、

クリーナーで除去後、

コーティングをして完成です。

 

 

コーティング回数を重ねる程に、

ガーズレッドが美しくなっていくのが、

お客様も実感されているとの事でした。

 

 

「磨く必要無いかも!?」

と思える防汚性で、困ります(笑)

 

 

最近、コーティング洗車の

お問い合わせを頂いておりますが、

常連さん&一部のお客様限定となっております。

 

 

他のコースは、どなた様でも施工致しますので、

ボディの傷等でお困りの事がありましたら、

メール042‐001‐2025まで

お問い合わせください。

 

 

詳細はカーコーティング・料金

車磨きとはをご覧ください。

ポルシェ993ボディカバーの傷
黒い線がボディカバーの傷です。
993ガーズレッドのボディカバー傷除去
ボディカバーの傷が目立たなくなりました。

続きを読む

ジャガーFタイプR 傷・シミ除去・ナノガラスコーティング

3年前に施工したジャガーFタイプRですが、

「傷が気になる」という事で、川口よりご来店。

 

 

ジャガーのレーシンググリーンの磨きも難しいですが、

この個体は、稀に見る難しさ。

仕上げ用のコンパウンド・バフで磨いて、

真っ白にボケる悪夢のような塗装です。

 

 

こういう時は、頭を使って研磨しないと、

歯車を回し続けるネズミになります。

1週間磨き続けて、ウォータースポット・傷が目立たなくなり、

ボディに黒さが戻りました。

 

 

エンジンルームも油汚れ・ウォータースポットを除去後、

ナノガラスコーティングをして見栄えが良くなりました。

 

 

ホイールも表・裏ともにブレーキダスト除去だけでなく、

研磨で傷を除去したので、

鏡のような鋭い艶に仕上がりました。

 

 

ウィンド・ガラスルーフの撥水コーティング、

内ガラス・ルームミラー・内装メッキパーツ・

スピードメーター・パネルスイッチも

ナノガラスコーティングで美しく艶やかに仕上げました。

 

 

黒ソリッドのナルヴィクブラックは美観を保つのが難しいですが、

綺麗な状態を見ると、特別な優越感を感じられて良いですね。 
ジャガーFタイプRのボンネットのウォータースポット ナルヴィックブラック
ボンネットのウォータースポットが目立ちます。
続きを読む

ポルシェ964ターボ 水垢・塗装ミスト除去

水垢と塗装ミストが目立ってたポルシェ964ターボ

塗装のぼかし目・パテ跡も出ています。

 

 

当初、3日かけて磨く予定でしたが、

艶のバランスが悪くなるので

簡易的な磨きに変更。

 

 

まずは水垢から。通常は専用のケミカル剤で

ほぼ除去出来ますが、

どのケミカルを試しても、まったく変わらず、、、。

研磨で除去する事に。

 

 

次は塗装ミストでガサガサになったボディ。

見た目には分かりにくいですが、大量に付着していて、

除去に苦労しました。

 

 

そして、メインの磨き作業。

ボディカバーのおかげで、雨染みが少くてスムーズに施工が進みました。

入庫時は、景色が映りこまない程、水垢で白ぼけていましたが、

美しいミッドナイトブルーに生まれ変わりました。 
ポルシェ964ターボ磨き後 ミッドナイトブルーの艶
美しいターボフェンダー。
続きを読む

ポルシェ996 ヘッドライトの黄ばみ除去 フッ素コーティング

ヘッドライト磨きで横浜より

ご来店のポルシェ996

 

 

黄ばみが気になるとの事でしたが、

クリア層の劣化が少なかったので、

工程を減らして安く仕上げる事が出来ました。

 

 

浮いた予算でボディの艶出し・フッ素コーティング

をご依頼頂きました。

塗装の状態は厳しく、剥がれていたり、

ぼかし目が出ていたりで。慎重に作業を進めました。

深い傷は残っていますが、艶感が向上しました。 
ポルシェ996のヘッドライト黄ばみ
ヘッドライトの黄ばみが気になるという事で。
続きを読む

ポルシェ968CS 磨き・コーティング

希少なポルシェ968クラブスポーツのコーティングです。

前後重量配分が50対50に限りなく近く、

優れたFRとして、ポルシェファンの間で有名な車です。

 

 

塗装の状態は、年式の割に艶がありますが、

薄くて気を使う磨き作業となりました。

 

 

今回は、【 軽い研磨で、消せる傷は消す 】。

という方向で作業しました。

言う程簡単ではなく、毎回苦労します。

 

 

磨き後、深い傷・クレーターは残っていますが、

艶感は向上したと思います。 

ポルシェ968CSのコーティング後
続きを読む

ボクスター リアスクリーンの磨き

以前に幌コーティングの施工をしたボクスターで、

今回はリアスクリーンの磨きです。

ビニール製なので、拭き傷・汚れ・紫外線の

影響で曇ってしまいます。

このボクスターも結構なダメージで、

磨いても殆ど変わらないだろうという状態でした。

 

 

作業の流れは、汚れ除去・磨き・脱脂・

コーティングとボディと同じです。

しかし対象物がビニール製なので、

磨き作業に気を使います。

 

 

施工後、透明感は3割増し程度でしょうか?

施工前よりは、良くなったと思います。

ボクスターのリアスクリーンの曇り
曇っていて、車内が見えにくい。
続きを読む

ポルシェ993 コーティング洗車 ナンバーコーティング

オリンピックナンバーのコーティング

コーティング洗車、

内ガラスの曇り止め、

ドアオープナーのクリーニングを行いました。

 

 

5月にコーティング洗車をして、

半年経過しましたが、

お客様のお手入れが行き届いているので、

綺麗な状態を保っていました。

 

 

その為、今回のコーティング洗車で

さらに綺麗になりました。

 

 

前回のご来店時に、「磨きをお願いしたい」という

お話しだったのですが、

今回の仕上がりを見て

「しばらくは、磨く必要が無い」と思い、

お客様にご提案。

 

 

「○○さん これ、今は磨く必要ないと思います。

塗装の膜厚・コスパの面から考えて、

10万かけて磨くよりも

コーティング洗車を数カ月に1度、

施工した方が良いです」。

 

 

「確かに洗車傷等は目立ちますが、

1m離れれば綺麗に見えませんか?」。

すると、お客様も同様の事を考えていたようで、

その方向で行くことになりました。

 

 

作業も終盤にかかる頃、

お客様から急遽、

ドアオープナーのクリーニングのご依頼。

 

 

新品の様にとはなりませんでしたが、

喜んで貰えて良かったです。

オリンピックナンバーのコーティング ポルシェ993 埼玉三芳の車磨き専門店 新座 大宮 練馬
鮮やかなオリンピックナンバーのコーティング。
続きを読む

ルポGTI ヘッドライト磨き ナノガラスコーティング

ヘッドライトのひび割れ・黄ばみが目立つ

ルポGTIは、三芳からご来店。

 

 

ライトが小さいので磨きは楽ですが、

それでも6時間は掛かります。

 

 

メールのお問い合わせで

「3時間くらいで完成しますか?」と聞かれますが、

ペーパー目を極力残さないように

研磨しておりますので、時間が掛かります。

その分、ライトの透明度は高くなるので、

お客様に喜んで頂いてます。

 

 

続いてボディですが、傷・雨染みクレーター・

飛び石が多く、塗装も薄い状態。

 

 

磨きはスタンダードで、浅い傷を除去して

ナノガラスコーティングで塗装を保護。

くすんでいた塗装に艶が戻り、

ルポGTIの質感がアップしました。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

ルポGTIの磨き後 埼玉の車磨き専門店
続きを読む

ポルシェ996 4S 黒 ウォータースポット除去 磨き

福島県より、ポルシェ996カレラ4Sの

ウォータースポット&傷除去・

ヘッドライト磨きでご来店頂きました。

 

 

でウォータースポット・クレーター・

深い傷・バフ目・オーロラも有り、

塗装が白ボケて、艶が損なわれていました。

 

 

深い傷等、完全除去とはなりませんが、

ソリッドブラック独特の光沢に、

回復したと思います。

 

 

ヘッドライトは、透明感が出ていつも通りの仕上がりです。

996の磨き動画もご覧下さい。 

 

 

ポルシェ996のガラスコーティング

埼玉の車磨き専門店・アートディテールへ。

 

 

詳細はガラスコーティング・料金】、

車磨き・バイク磨きとはをご覧ください。

 

 

ガラスコーティングの質問・お見積りは

メール042‐001‐2025

電話は非通知解除をして、おかけください。

 

 

※1日経過しても、メールの返信が届かない時は、

何らかの理由でメールが届いていない可能性があります。

大変恐縮ですが、お電話にてご連絡お願い致します。

続きを読む

Z34 ヘッドライト磨き 黄ばみ除去

ヘッドライトの黄ばみが気になるという事で

メールを頂戴しまして、

その後、見積もりでご来店頂きました。

 

 

現物を確認すると、黄ばみ以外に曇り・ひび(クラック)が

運転席側のヘッドライトに発生していました。

 

 

助手席側は黄ばみはありませんが、

線傷のようなクラックが気になるとの事。

 

 

落とせる黄ばみ・ひび・曇り、落とせない内側の汚れ・ひび等

をご説明して、後日施工でご来店頂く事となりました。

 

 

お引き取りの際は「感動しました!」

というお言葉を頂戴して、嬉しく思いました。

この度は数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

 

 

Z34ヘッドライトの曇り・黄ばみでお困りの際は、

埼玉の車磨き専門店・アートディテールへお任せ下さい。

 

  

ヘッドライト磨き・コーティングの詳細は

ヘッドライト磨き料金

車磨き・バイク磨きとはをご覧下さい。

 

 

 

ご質問・お見積りは

メール042‐001‐2025

電話は非通知解除をして、おかけください。

 

※1日経過しても、メールの返信が届かない時は、

何らかの理由でメールが届いていない可能性があります。

大変恐縮ですが、お電話にてご連絡お願い致します。


続きを読む

ポルシェ968 ナノガラスコーティング 傷除去 磨き

ポルシェ968の磨き・ナノガラスコーティングです。

今まで空冷911は沢山磨いてきましたが、968は今回で

5台目くらいかな?ヘッドライト周辺のラインが993に

似てるような気がします。

 

 

こちらの車両は屋内で、長年保管されていましたが、

傷・陥没した雨染みが沢山あり「これは楽しい施工になるなぁ」

とワクワクしました。

 

 

「なんとか綺麗にしてほしい」という事でしたので、

時間を多めに頂き、綺麗なポーラシルバーに仕上がりました。

 

 

車の傷・汚れでお困りの際は、

埼玉の車磨き専門店・アートディテールへお任せ下さい。

 

 

詳細はガラスコーティング・料金

車磨きとは

車磨きの動画をご覧下さい。

 

 

カーコーティングの質問・お見積りは

メール042‐001‐2025

電話は非通知解除をして、おかけください。

 

 

※1日経過しても、メールの返信が届かない時は、

何らかの理由でメールが届いていない可能性があります。

大変恐縮ですが、お電話にてご連絡お願い致します。

ポルシェ968シルバーの磨き後 埼玉所沢
ポルシェ968の磨き後のリア 埼玉三芳

続きを読む

S660 ナノガラスコーティング 傷除去 磨き

S660は新古車ですが、「ボディの傷が気になる」。

という事でご来店頂きました。

 

 

パールホワイトなので、傷が目立ちにくい色ですが、

照明下で確認すると、

洗車傷・磨き傷・ペーパー傷がボディ全体にありました。

 

 

いつもどおり1ヶ所磨いて、

ご納得頂いてから施工へ移りました。

ホイールコーティングも追加で施工となりました。

施工後は、プレミアムスターホワイトパールの光沢、

ホイールの輝も向上して、新車の質感へ近付きました。

 

 

傷・シミ・汚れでお困りの際は、

埼玉の車磨き専門店・アートディテールへ。

 

 

詳細は下地処理とは

車磨き・バイク磨きとは

車磨きの動画をご覧下さい。

 

 

ご質問・お見積りは

メール042‐001‐2025

電話は非通知解除をして、おかけください。

 

 

※1日経過しても、メールの返信が届かない時は、

何らかの理由でメールが届いていない可能性があります。

大変恐縮ですが、お電話にてご連絡お願い致します。


続きを読む

ポルシェ993 コーティング洗車

サーキット仕様のポルシェ993カレラは、

お見積りで三鷹よりご来店。

塗装がゆず肌で、ボケている】ので磨きでなんとか

なりませんか?との事。

 

 

車輛をチェックすると、お客様の指摘した所以外にも、

ゆず肌が各パネル毎にありました。

 

 

塗装の現状・走りメインで乗る事を踏まえて、肌調整で鏡面に出来る所、

しない方がよい所、鏡面にするデメリットをご説明しました。

どの分野でもそうですが、メリットしかないサービスは、存在しません。

 

 

【デメリットも伝える】ことが重要です。

・高い磨きでショーカーのようにすれば、ちょっとした洗車傷も目立つ。

・高品質のガラスコーティングをしても洗車をしないと、汚れが固着する。

・コーティングしても傷は入る。

これらの事を知らずに、依頼してくる方が殆どです。

 

 

なので【 お客様のイメージ と【 現実は違う

という事を理解して頂いてから、

磨き・コーティング・メンテナンス等の

ご説明をさせて頂くことが大事だと思います。

 

 

何も知らずにトラブルに直面すると不安になりますが、

知っていれば、対策も出来るので安心です。

 

 

さて見積後は、ポルシェ談義を2時間程してから

コーティング洗車】をオーダー頂きました。

全体的に綺麗ですが、サーキット走行時のタイヤカス等が

フェンダーアーチに目立っていました。

 

 

通常の洗車では除去しませんが、

遠方からのご来店なので出来る範囲内で綺麗にしました。

その後、ナノガラスコーティングを施工して完成。

 

 

当店の洗車は【磨き屋視点の細部の洗浄に拘った施工】です。

当然ですが、エアコンの効いた屋内で施工します。

 

 

 

厳選したケミカルと磨きで培った経験で、

【デリケートなソリッドカラーも安心してお任せ頂けます】。

普通の洗車で満足出来ない方、ご来店お待ちしております。

ポルシェ993のコーティング洗車 埼玉
サーキット仕様の993カレラ。
続きを読む

BNR34 磨き・ガラス系コーティング

5年前に磨き・コーティングした

BNR34ガラスコーティング再施工です。

 

 

前オーナー様同様、現オーナー様のお手入れも良く、

ベイサイドブルーの美しい光沢を維持されていました。

 

 

とは言っても、5年以上経過していますので

水垢・鉄粉・傷・雨染み・花粉染みはあります。

このコースで出来る限りの洗浄・磨きで細部まで綺麗にしました。

 

 

施工後は、オーナー様と綺麗になったBNR34を

撮影しながら楽しい時間を過ごしました。

この度はご遠方からのご依頼、

お土産までありがとうございました。

今後とも、よろしくお願い致します。

BNR34のフロントバンパーの傷
フロントバンパーの傷が目立ちます。
BNR34フロントバンパー傷除去 ベイサイドブルー
磨きで目立たなくなりました。

続きを読む

BNR32 GT‐R 傷除去・コーティング

3年前にコーティングしたBNR32

定期的なコーティングメンテナンスをしていたので、

かなり綺麗な状態でしたが、

今回は傷除去・コーティング再施工です。

 

 

ニスモLMGT4はホイールコーティング

昨年5月に施工しているので、

中性シャンプーでも

楽にブレーキダストが落とせます。

 

 

ボディは薄い洗車傷がありますので、

磨きで除去しました。

 

 

その後、脱脂してガラス系コーティングを施工。

シルバー特有の金属っぽい美しさが強調されました。

ニスモLMGT4にブレーキダスト汚れ
ブレーキダストでホイールが汚れてます。
ニスモLMGT4は洗浄して綺麗に
コーティングしてあるので楽に落ちます。

続きを読む

ポルシェ930カレラ 花粉染み除去 フッ素コーティング

花粉染みが気になるという事で、

茨城よりご来店のポルシェ930カレラ

濃色車はちょっとした汚れ・

傷が目立つので維持が大変ですね。

 

 

花粉染み除去に関しても、濃色車は特に手間です。

当店では独自の施工方で対処しているので、

それ程苦労しませんが、

一般的な作業だと無駄に時間が掛かり、

塗装へのリスクも高まります。

 

 

花粉染みで困っている方は、

施工店選びを慎重に行わないと、

痛い目を見る事になります。

 

 

こちらのポルシェ930は、花粉染みも除去されて、

ガーズレッド本来の美観へと甦りました。

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

花粉染みが目立つポルシェ930
鳥糞痕のような、花粉染み。
ポルシェ930の花粉染み除去 埼玉の車磨き専門店
花粉染み除去後。

続きを読む

BNR34VスペックⅡニュル 雨染み除去

ガレージの天井が結露してボディに水が垂れてしまい、

放置したら除去出来なくなったので、綺麗にしてほしい。

という事でご依頼を受けました。

 

 

当初はケミカルで除去出来る

と考えていましたが、

まったく歯が立たない程、

染みが固着していましたので、

磨きで雨染み除去後、

ナノガラスコーティングを施工する事になりました。

 

 

施工後はオーナー様に喜んで頂けて良かったです。

今回の件に限らず、天井からの水滴が原因で

染みが固着する事例も、出ておりますので

気付いた時点で洗車を心掛けて、

綺麗な状態を維持して頂きたいと思います。

BNR34ニュルの雨染み
右リアフェンダーに大きな雨染み。
BNR34ニュルのリアフェンダーの染み除去 埼玉の車磨き専門店
磨きで雨染み除去。

続きを読む

ポルシェ964 ボディカバー傷・擦り傷除去 フッ素コーティング

ドアの擦り傷の除去とボディ全体の艶を出してほしい」とのご依頼。

 

 

まずはドアの擦り傷ですが、ボディカラーが

ミッドナイトブルーの為、細かい傷もよく見えます。

 

 

深い擦り傷なので、コンパウンドで磨かずに

ペーパー研磨を入れてから、コンパウンドでサクッと仕上げました。

自然光・人工灯、どの照明でも綺麗に見えるようにしました。

 

 

次は頼まれていないのですが、フロントフェンダーの

ボディカバーの傷がとても気になりました。

 

 

今回の艶出しコースでは、本来はここまで綺麗に出来ないので

サービスで、傷が目立たないくらいに仕上げました。

 

 

裏起毛のボディカバーは、本来傷付きにくいですが、

起毛の中に、砂埃が入ると風で煽られる度に、

ボディに傷が入りますので、注意しましょう。

 

 

ボディの細部は殆ど手を入れてませんが、

お客さまの希望、プラスαの仕上がりで

艶のあるミッドナイトブルーになったと思います。

ポルシェ964ドアの擦り傷 ミッドナイトブルー
ドアの擦り傷が目立ちます。
964ミッドナイトブルーの傷消し磨き後
磨きで擦り傷が目立たなくなりました。

続きを読む

ポルシェ996ターボ ナノガラスコーティング・ヘッドライト磨き

今回も996のヘッドライト磨き動画を見て、

都内からご来店頂きました。

 

 

車輛購入時に、ショップさんにて

ヘッドライトを磨いたとの事でしたが、

劣化したハードコートがそのまま残っていて、

磨いたというより、汚れを落としただけの施工で、

黄ばみ・曇りが残っていました。

 

 

いざヘッドライトをペーパーで研磨していくと、

粗が出てきて、施工に2日もかかってしまいましたが、

透明感が戻りました。

 

 

続いてボディの磨き。初見はかなり綺麗な状態でしたが、

塗装が薄いうえに、深い傷・酸性クレーター等があり、

塗装を研磨しすぎず、深い傷等も目立たなくする磨きを行い、

アークティックシルバーの艶・光沢が向上しました。

 

 

コーティング剤はオリジナルのナノガラスコーティングを7層。

このコーティング剤は、ウォータースポット・汚れの固着が少なく、

洗車で楽に綺麗にできます。

 

 

そこだけ聞くと、他のコーティング剤も謳っている事ですが、

実際、それを体感できるコーティング剤は殆ど無いのが現状です。

 

 

納車時は奥様とご来店されて「新車みたい♪」と言って頂けて、

とても嬉しく思いました。

996ターボのナノガラスコーティング アークティックシルバーメタリック
磨きで美しくなった996ターボ。
続きを読む

ポルシェ996カレラ ボディカバーの傷

ヘッドライトコーティングを以前、

施工したポルシェ996カレラですが、

ボディカバーで傷が付いたとのご連絡。

 

 

普通の擦り傷なら一定方向ですが、

ボディカバーの傷はランダムな付き方を

してるのが特徴です。

 

 

以前も、別の車輛で同じような傷がついていて、

やはりボディカバーを装着されていました。

 

 

この傷、深いだけじゃなくエッジ部分を跨いでいる所が有り、

磨きのリスクが高いです。

傷を追いすぎると下地が出てしまう、

けど普通に磨いても消えません。

 

 

しかし、数年後に磨く時の塗装の厚さを考えないと、

長く綺麗な状態は維持出来ないので、

試行錯誤しながらの作業でした。

 

 

傷の完全除去とはなりませんでしたが、

お客様に喜んでもらえてホッとしました。

 

 

裏起毛タイプのボディカバーは、傷が入りにくいですが、

風で舞い上がった砂埃が裏起毛に付着すると、

塗装に傷が入りますので、

ボディカバーの洗浄・メンテナンスも定期的に行いましょう。

ボディカバーの傷 ポルシェ996 擦り傷 埼玉の車磨き専門店 所沢 川越 川口
ボディカバーによる深い傷が沢山。
埼玉の車磨き専門店 ボディカバーの擦り傷 ポルシェ996 越谷 浦和 和光
ボディカバーの傷が目立たなくなりました。

続きを読む

ポルシェ964 色あせ・チョーキング 磨き

ボディを触ると粉状の塗装が指に付着する、

チョーキング現象が起きてました。

 

 

光も写り込まず色あせて、

艶消し状態のポルシェ964、、、

 

 

でしたが、予算内の磨きで、

光が写り込むようになりました。

 

 

ソリッドカラーのグランプリホワイトは

洗車せずに放置すると、

色あせが起こりやすいので、

定期的な洗車を心掛けましょう。

ポルシェ964の色あせ・チョーキング
塗装が白ボケて照明の写りが弱い。
車の色あせ チョーキング 埼玉三芳の車磨き専門店 狭山 杉並 横浜 ポルシェ964
磨きで塗装に艶が出て、写り込みも良好。

続きを読む

BNR32 コーティングメンテナンス

3年前にコーティングしたBNR32は、

半年毎にコーティングメンテナンス

ご依頼して頂いてるので、

屋外保管とは思えない艶を維持しています。

 

 

「高いガラスコーティングしてるからでしょ?」

と言われる方も多いと思いますが、

大事なのは定期的な洗車です。

 

 

これを怠るから汚れが蓄積され、

ゴシゴシ擦って、傷が入ります。

 

 

コーティング(水垢・鉄粉除去・磨き含む)すれば、

傷も消えて、汚れも付きにくくはなりますが、

手放しで施工時の状態を

維持出来るコーティングは

存在しません

 

 

愛車にコーティングを施工されている方は、

定期的な洗車を心掛けて、

綺麗に維持して頂きたいと思います。

BNR32コーティングメンテナンス完成
93年式のBNR32。色褪せない魅力があります。
続きを読む

ポルシェ993 傷除去 磨き

スピードイエローの鮮やかなボディ、

足元はBBS LMを履き慣らし、

サーキット走行の為のロールバーと

軽量化にリアガラス3枚をアクリルに変更した、

気合いの入ったポルシェ993

 

 

<この手の車は外装は汚いのがお決まりですが、

隙間の汚れが殆ど無い極上とも言えるコンディション。

という事で、軽い洗車と鉄粉除去ですぐに磨き作業へ。

 

 

照明を当てて、塗装を見ると傷は確かにありますが、

浅い洗車傷が殆どで、特に苦労する事もなく施工が進み、

1日半の磨きにしては、かなりの光沢が出ました。

 

 

艶のあるスピードイエローは、993のフェンダーラインを

より美しく演出してくれますね。

993スピードイエローのルーフに傷
ルーフに浅い洗車傷が。
ポルシェ993のルーフの傷除去
傷が目立たなくなりました。

続きを読む

GT-R BNR34 ザイモール・アトランティック

ボディの磨き作業は車屋さんが

自社で行っていたので、

軽く洗車してザイモール・アトランティックを施工。

 

 

ザイモール・チタニウムと比較して

カルナバ蝋の含有量が多いので、

拭き取りに時間はかかりますが、艶は極上。

ベイサイドブルーに深みが増して、

BNR34の魅力がより引き立ちました。

BNR34ザイモールアトランティック施工 ベイサイドブルーの艶
独特の艶感は生き物のようです。
続きを読む

R35GT‐R ザイモール・アトランティック

R35GT‐Rに20万以上する

ザイモール・アトランティックWAX

すでに磨き済みだったので、軽く洗って施工。

WAXを手で溶かして、ボディに薄く塗ります。

 

 

アトランティックはカルナバ蝋の

含有量が多いので、拭き取りが大変!

ですが、ガラスコーティングにはない艶めかしい光沢が、

ダークメタルグレーメタリックの輝きが向上しました。

 

 

これを見てしまうと、ガラスコーティングの艶では

物足りなくなってしまう禁断のWAX。

ガレージ保管で、艶々の愛車を眺めたい方に特にお勧めです。

R35GT‐Rにザイモールアトランティック ダークメタルグレーメタリックの艶
極上の艶を纏ったR35GT‐R。
続きを読む

ポルシェ・964カレラ2 艶出し+フッ素コーティング

今回はお客様ガレージ内で

ポルシェ964の艶出し・フッ素コーティングです。

車輛は全体的に綺麗でしたが、

花粉染みがあったので

除去してから磨きに入りました。

 

 

完全屋内ではないので、

艶出し程度の磨きですが、

充分綺麗になったかと思います。

964ガーズレットのコーティング後 山梨へ出張施工
綺麗なガーズレッドです。
続きを読む

ポルシェ964 ボディカバーの擦り傷除去

ボディカバーの擦り傷

気になるので、どうにかならないか?」

という事で確認してみると、

なかなか酷い状態のポルシェ964

 

 

さらに「エンブレムも外してエンブレム痕を

綺麗にしてほしい」との事。

 

 

完璧には除去できませんが、、、と了解を得て、

磨き作業をスタートさせました。
ポルシェ964ボディカバーの傷
ポルシェ964 ボディカバーの擦り傷でガサガサに、、、
続きを読む

BNR34ニュル 磨き・ガラスコーティング

新車のようなBNR34VスペックⅡ・ニュル

ミレニアムジェイドという

渋いボディカラーも、美しいです。

市場でも価値が上がり【 価格応談 】

というのが目立ちます。

 

 

普通のBNR34でも10万km越えで、

500万以下というのがほとんどなく、

新車時の値段と、ほぼ変わりません。

 

 

輸出規制が解けて、日本からGT-Rが出ていく一方なので、

今後はさらに高騰しそうです。

 

 

では、施工に入ります。
まずは、に一番気になったウイングステー周りの汚れから。
本来はパーツを外さないコースですが、他の所が綺麗で

時間が浮く為、外して綺麗にしました。
BNR34ニュルのウイング脱着時の汚れ
長年の汚れが、塗装を侵食してます、、、
ウイングを脱着して汚れ除去 BNR34ニュル
ステーの周りの固着汚れも綺麗に落ちました。

続きを読む

ポルシェ930ターボ 水あか除去+艶出し

ボディの水あか・黄ばみが凄かった

ポルシェ930ターボ

 

しかも塗装が薄くて、

部分的に剥げていたり、

危険な所が色々ありました。

 

 

的確な施工で、黄ばんだ930ターボが

艶のあるグランプリホワイトに生まれ変わりました。

旧車を綺麗にするのは、気分がいいです。

930ターボの水垢除去  ガラスコーティング グランプリホワイトの艶
930ターボのボディラインは何年経過しても色褪せません。
続きを読む

MR2(AW11)磨き&コーティング

MR2の磨きをお願いします」とご依頼があり、

SW20かと思ったらなんとAW11 !!

 

 

10年前には、街中で見かける事もあったけど、

昨今では、まず見かけない1台。
貴重な経験をさせて頂きました。

MR2のフェンダーの傷
MR2 テープの左に深い傷が目立ちます。
MR2 AW11の傷消し磨き
テープ左側の傷だけを除去してみました。

続きを読む

ポルシェ 3.2カレラ クレーター・ウォータースポット除去

 クレーターを消してほしい

とのご依頼でしたが、
塗装が薄くて困りました

 


今後、何度か磨けるくらい塗装の厚さを残しつつ、

クレーター、ウォータースポットを目立たなくする方向
塗装を磨く事にしました。

 

 

まず、ペーパー研磨で、

下地が出ないように、

ソフトに薄く塗装を研ぎます。

 

 

ペーパー研磨が終わったら、

コンパウンドでペーパー目を消します。

ここでも、磨き過ぎると、

下地が出るのでゆっくり作業します。

 

 

最後に、超微粒子コンパウンド・スポンジバフで

磨いて完成。

クレーターが除去されて、

綺麗な肌の塗装になりました。

ポルシェ930の雨染み陥没クレーター
3.2カレラ ルーフ クレーターでボコボコ。
クレーター除去後のポルシェの塗装面
磨きで綺麗になった3・2カレラのルーフ。

続きを読む

BNR34Mスペック 染み・傷除去・ヘッドライト磨き

数年間、放置のBNR34Mスペック

染み・水垢が固着しており、

磨き作業前の下地処理に3日掛かり。

 

 

傷も多数あり、黒なので磨き作業は

1週間を要しました。

最後はガラスコーティングで、塗装を保護。

 

 

綺麗なBNR34Mスペックに仕上がり、

オーナー様に喜んで頂けました。

BNR34Mスペック黒のボンネットの染み・傷
磨き前 ボンネット
BNR34Mスペックのボンネット傷消し磨き
荒磨き後 まだ白ボケているので、さらに磨きます。

続きを読む

ポルシェ996ターボ 擦り傷・雨染み除去 磨き

ボディの磨き・ガラスコーティングで

お伺いしたのですが、

フロントバンパーが脱着済で

擦り傷が目立つので、塗装に出します」との事。

 

 

「磨きで目立たなく出来ますよ」と

一部施工をして、ご確認頂いたら

「ここまで綺麗になるなら磨きでお願いします」

という流れに。

8cm程の傷ですが、施工には1時間かかりました。

 

 

なんでそんなに時間かかるの?

と思われる方も多いので

工程を説明します。

 

 

傷を消すという事は、

傷より深い所まで、研磨します

 

 

ペーパー研磨だけで3工程ありまして、

荒目ペーパー → 極細目ペーパーで荒目の傷を消す → 

超微粒子目ペーパーで極細目の傷を消す

という工程を踏んでいきます。

 

 

その後、コンパウンドによる磨き(3工程)で消すと、

ご覧の仕上がりになります。

996ターボのフロントバンパーの擦り傷
磨き前 擦り傷が目立ちます。
996ターボのバンパーのガリ傷・擦り傷除去
磨き後 目立たなくなったと思います。

続きを読む

ポルシェ964 磨き・コーティング

車磨き 所沢 川越 川口 新座 朝霞 傷消し 越谷
ポルシェといえばこの顔。
所沢 ガラスコーティング ポルシェの磨き 越谷 川口 春日部 狭山
964の美しいリアフェンダー。

こちらのポルシェ964深い傷・飛び石・下地が出ている傷が

多数ありましたので、あまり磨く事は出来ませんでしたが

良い艶が出たと思います。

 

 

今回施工した【ライトポリッシュ】は

小傷を目立たなくして、艶を出したい】というお客様向けのコースで

当店のエントリーコースである【スタンダードポリッシュよりも安価】で

施工する事が出来ますので、愛車を小綺麗にしたい

お客様にオススメのコースです。

続きを読む

BNR34 GT‐R 磨き・ガラスコーティング

鉄粉が無数に付着していたBNR34  GT‐R
鉄粉が付きやすい環境で、放置状態だったので、

洗車するだけで「シャー、シャー」という嫌な音が聞こえました。

 

 

鉄粉除去剤・粘土を駆使して1日半かかり、

ようやく鉄粉が除去できました。

 

 

次に細部の黒ずみ除去ですが、こちらも深刻な状態事にでした。

あらゆる隙間に黒ずみがあり、強力なケミカルを使って

1日がかりの作業となりました。

 

 

傷に関しては、洗車せずに放置していたのが吉と出て
洗車傷が少なく一安心。

けど磨き屋としては、つまらないです(笑)

鉄粉・黒ずみ除去

続きを読む

ナローポルシェ コーティング 911T 磨き

ナローポルシェ・911Tの艶出し磨きとフッ素コーティングの施工です。

過去にオールペンされた車輛ですが、ボンネットに2か所、

深いペーパー目が残っていました。

 

 

本来はこの艶出し磨きでは除去しませんが、

何台もご依頼頂いておりますので、

ここだけサービスで、磨きで綺麗にしました。

 

 

ボディ全体には、深い洗車傷等がありますが、追いかけず

パッと見の艶を出す事に専念しました。

 

 

メッキパーツ等はオリジナルの状態で、かなり劣化していますが、

それもまた味わいがあって良いですね。

 

 

細かく見ていけば荒は目立ちますが、塗装の状態・予算に合わせて

手軽な磨きとコーティングを、定期的に施工するのも有りかと思います。

ナローポルシェの磨き後 911Tブルー
ポルシェ911T。
続きを読む

ポルシェ996黒 洗車傷除去・ガラス系コーティング

無数の洗車傷で白ボケた

黒(バサルトブラック)のポルシェ996カレラ。

普通の施工店なら

「傷多いし、黒だし面倒だな」となりますが、

磨き好きの私は、ワクワクします。

 

 

というのも、黒は誤魔化せない分、

磨き技術を表現出来るからです。

 

 

黒い車は磨きが難しいと言われますが、

何故かをご説明します。

 

 

傷を消すというのは、傷の深さまで磨き、

傷の部分を平にする工程です。

それと共に、磨き傷も入ります。

 

 

磨きが苦手な人は傷を沢山残し

得意な人は少なく出来ます】。

同じポリッシャーを使っても、

仕上がりは違います。

 

 

磨き傷が多ければ、白ボケ】、

磨き傷が少なければ、良い艶が出ます。

 

 

たかが磨き、されど磨き。

どれだけ道具が進化しても、

結局は施工者の向上心が、

良い仕上がりに繋がると思います。

ポルシェ996の傷 バサルトブラックの磨き
洗車傷・磨き傷が目立ちます。
ポルシェ996の磨き・ガラスコーティング バサルトブラック 埼玉和光 
荒磨き後、傷が目立たなくなりました。

続きを読む

ポルシェ996 磨き・ガラスコーティング

綺麗なブルーのポルシェ996

ボンネット・ルーフが

鉄粉・洗車傷・雨染み等で

白ボケた感じになっていました。

 

 

ボンネットは下地が出そうなくらい薄く

傷も深いという状態だったので、

深い傷は追わず、艶を出す方向で磨きました。

 

 

ルーフは洗車傷は少ないですが雨染みが多くて

手間が掛かりましたが、綺麗になりました。

 

 

テールライトはペーパーで擦ったのか?

と思うほど傷付いてましたが、

研磨で透明感を回復させました。

ポルシェ996のボンネットの傷
磨き前 洗車傷が目立ちます。
埼玉 ポルシェの磨き ボディコーティング 雨染み除去 朝霞 和光 川口 
塗装が薄くてこれ以上磨くのは危険。

続きを読む

ポルシェ993  磨き・コーティング

かなり程度の良いポルシェ993でしたので

磨きは軽く撫でる感じで仕上げ、コーティングしました。

 

 

ホイールはBBSのRS‐GTを装着しており、

こちらも手入れが行き届いてましたので、

簡単な洗浄で綺麗になりました。

 

 

ボディコーティング後、ポーラシルバーの艶とBBSの輝きが

向上して、993の魅力が向上したと思います。

 

 

今回はボディの施工前後の写真が撮れなかったので、

完成後の写真となります。

ポルシェ993のガラスコーティング後の艶
深い傷はありますが、良い艶です。
続きを読む

フェアレディZ34 スクラッチシールド 磨き

Z34黒のスクラッチシールド塗装の磨きです。

「軽い磨きでコーティングは無しでOK」。

というご依頼でした。

 

 

程度が良かったので、軽い磨きで艶感が向上しました。

スクラッチシールドという塗装は熱を加えると、

傷が目立たなくなる性質を持っています。

 

 

旧式の【熱をかけて磨く】施工方では、

磨き直後は傷が消えたように錯覚しますが、

熱が下がると、傷が戻ります。

 

 

その際に、熱をかけて磨いた事による

磨き傷も浮いてくるので、技術を要する塗装です。

 

 

これから磨き屋・コーティング屋で施工を検討している方は、

その店にスクラッチシールドを磨く技術があるのか、

確認しないと施工前より傷が目立つ状態になるので、

お店選びは慎重に行いましょう。

Z34黒のボンネットの傷
Z34 磨き前 細かい傷有り。
Z34黒のボンネットの磨き
艶出し程度の磨きですが、傷が目立たなくなりました。

続きを読む

RUF Cro 磨き コーティング

色鮮やかなRUF Cro

初見は綺麗でしたが、

複数照明をあてて確認すると

傷・ウォータースポットが確認できました。

 

 

何処かで鏡面磨きをしているようで、

光の反射は美しいのですが

塗装が薄い、、、。

 

 

今回は傷を目立たなくする、

軽い研磨コースで施工しました。

完成後は傷も目立たなくなり、発色も良くなって

ボディラインが栄えるようになりました。

RUFcroのボンネットの傷
RUF Cro 磨き前
RUF・Croのボンネットの傷除去 磨き 埼玉 
RUF Cro 荒磨き後 傷が目立たなくなりました。

続きを読む

BNR34GT‐R コーティングメンテナンス・洗車

コーティング施工から3年半経ったBNR34は、

メンテナンス洗車で入庫。

 

 

オーナーさんは車への愛情が深く、日頃の洗車も丁寧。

信じられない程、綺麗な艶を維持しています。

 

 

当店のお客様で、良い状態を

キープしている方達は、

高圧洗浄機を使用している方が多いです。

 

 

塗装には砂埃が付着しているので、

高圧で飛ばす事で、

洗車傷のリスクが大幅に減ります。

 

 

高圧洗浄機を使用できない環境では、

スポンジで洗う前に、

バケツにシャンプー液を作っておきます。

 

 

それを車にかけて砂埃を浮かせて、

水で流した後、もう一度シャンプー液を作り、

スポンジで洗うのがベストです。

 

 

コーティングをすれば、汚れも楽に

除去できますが、放置すると、

汚れが落ちなくなります。

 

 

正しく洗車すれば、想像以上に

コーティング効果も持続するので、

洗車を見直してみてください。

BNR34のコーティングメンテナンス洗車
メンテナンス用のシャンプーで洗っていきます。
続きを読む

ジャガーFタイプR 磨き・ザイモールアトランティック・ホイールコーティング

新車のジャガーFタイプRですが、

エッジ部が下地出てたり、

下周りを擦った痕、

モール部分のタッチペン痕等あり、

状態が悪くて大変な施工になりました。

 

 

磨き過ぎれば白ボケ、

磨かないと傷が消えませんので、

独自の施工方法で、

美しいナルヴィクブラックに仕上げました。

ジャガーFタイプRコーティング焼付け
コーティングの焼き付けて艶・防汚性向上。
続きを読む

NSX コーティング リアバンパーの部分施工

5年前にガラスコーティングしたNSXは、

リアバンパーの部分コーティングでご来店です。

 

 

2ヶ月に1度しか洗車はされていないそうですが、

とても綺麗な状態をキープしています。

しかし、リアバンパーはエンジン・マフラーからの

熱の影響で汚れが目立っていました。

 

 

普通なら5年も経過すれば、傷も目立ってくるので

研磨が必要ですが、綺麗だったので、

簡易的な下地処理後、コーティングして完成となりました。 

 

 

話は変わって、NSXも90年のデビューから25年!!経ちました。

量産車では、世界初のアルミボディという話題だけでなく、

ヨーロッパのメディから、ベストハンドリング賞を受賞したりと、

世界中のスポーツカーファンに、称賛されました。

 

 

92年にはタイプR(ノーマルから120kg軽量)が登場して

ニュルブルクリンク・ノルドシェライフェを

8分3秒086!!というタイムを黒沢元治さんが記録しています。

 

 

ベストモータリングのNSX開発秘話の中で、黒沢元治さんは

「関係ない奴がエアコンが、オーディオが、女の子がと言いだして

ピュアスポーツの筈が、ラグジュアリーカーみたいになっていった」

と話しています。

 

 

そして、テストの空き時間に「軽量バージョンを作ってみよう!」となり

100kg軽くした軽量バージョンを走らせたら8分11秒が出た。

ノーマルでは8分30秒を切るか切らないかのタイム。

 

 

それを知った、川本社長(67年のF1エンジン責任者)が、

「そんな車があるなら出せ」となったそうです。

 

 

その時代・時代の、熱い人達が

ぶつかり合って完成したスポーツカーは、

これからも語り継がれ、

いつまでも残っていてほしいと思います。

NSXのリアバンパーのコーティング完成
リアバンパーのコーティング完成。
続きを読む

ナローポルシェ 911T 磨き コーティング

ナローポルシェのコーティングです。

40年以上前の911Tですが、

年式の割には程度が良いです。

しかし塗装は薄いので、磨きも慎重に行いました。

 

 

深い傷などは残っていますが

水垢・鉄粉・小傷が除去され、

くすんでいたメッキパーツも輝きが戻り、

ボディも鮮やかな白へ生まれ変わりました。

 

 

旧車を綺麗にするのは気分もいいし、

車も喜んでいる気がします。

 

 

新しい911もかっこ良いですが、

初代911のデザインは

年々、美しさを増している様に、

見えるから不思議です。

ナローポルシェの磨き・コーティング完成
続きを読む

ポルシェ996GT3R 磨き・傷除去・ザイモール

レースで使用されていた996GT3Rは、

全体的に傷が多数ありました。

レーシングカーは塗装が薄いので、

程々の磨きに止めました。

 

 

傷が目立たなくなった所で、

ザイモール・HDクレンズで下地を作り

ザイモールWAXを施工しました。

 

 

ガラスコーティングの輝きも素晴らしいが、

WAX独特な濡れた様な艶も捨て難い。

GT3Rルーフの傷 黒ソリッド 
GT3Rのルーフ、傷が目立ちます。
996GT3R黒ソリッドの傷消し磨き後
磨き後、傷が目立たなくなりました。

続きを読む

ポルシェ964 傷除去 ウォータースポット

ここまで傷だらけで白ボケた

ポルシェ964は見た事がない!

 

 

シミ・ウォータースポットも沢山ありますが、

傷が多すぎて見えません。

 

 

磨きで綺麗にならなければ、

塗装をするとの事でしたが、

1ヶ所磨いて見せたところ、ご満足頂き

10日かけて磨く事になりました。

 

 

研磨後は、同じ車とは思えない程、

艶・光沢・色の深みが回復して

新車のようなポルシェ964に仕上がりました。

 

 

現行の911もいいですが、

空冷911は、やはり偉大です。

 

 

これからも古くなった空冷911を

1台でも多く、磨きで綺麗に復活

させて行こうと思います。

ポルシェ964の擦り傷・ウォータースポット
傷と雨染みでボロボロのポルシェ964
ポルシェ964のボンネットの傷
アップにすると、塗装の傷みが良く分かります。

続きを読む

ポルシェ・993GT2レーシング 磨き+フッ素コーティング

GT500で使用されていた、

ポルシェ993GT2レーシング

軽量化の為に塗装が薄いのですが、そこに

飛び石・深い傷・擦り傷・洗車傷が沢山!

 

 

塗装の厚さを考え、軽い磨きしかしてませんが、

フッ素コーティングで傷も少し埋まり、

黒独特の艶に仕上がったと思います。

993GT2レーシングのコーティング前
傷が無数に入ってる993GT2レーシング。
993GT2レーシングの汚れ
超希少なGT2レーシング。
911GT2レーシングの磨き前
GT2レーシングが砂埃で真っ白。

続きを読む

993RS 磨き・ガラスコーティング

993RS磨き・ガラスコーティング施工です。

程度が良く、殆ど傷も無い状態で、

スムーズに研磨できました。

 

 

施工後はグランプリホワイト本来の、

艶・光沢に仕上がりました。

 

 

空冷911のNA最高峰の993RS。

いいですね~。

 

 

スペックは、3.8L・300PS、

車重1373kg(意外と重い)

6MT、駆動はもちろんRRです。

 

 

996GT3は、3.6L・360PS、

1350kgなので、993RSの方が、

60PS少なく、23kg重いです。

しかし、空冷エンジンのフィーリングは、

現代の車に無い、魅力を備えています。

 

 

ポルシェ好きなら一度は所有したい1台

ではないでしょうか?

続きを読む

ポルシェ993RSクラブスポーツ 洗車傷除去・ガラスコーティング

塗装が薄すぎて、磨けない状態の為に、

苦労した993RSクラブスポーツ

照明で塗装を確認すると、深い傷が沢山、、、。

 

 

普通なら極細目のコンパウンドで磨きますが、

塗装の架橋結合が弱っているので、

磨き傷が入りすぎて使えません。

しかし超微粒子で磨けば、

磨き傷は残らないけど、傷は消えない。

 

 

さてどうするか?四苦八苦した末に、

もしや!?とひらめいて、

やってみたら、良い艶に仕上がりました。

時間は2倍掛かりましたが、これも良い経験です。

993RS黒の傷
深い傷が全体にあって白ぼけてる993RS
993RSソリッドブラックの傷除去後
荒磨きで深い傷が目立たなくなりました。

続きを読む

フェラーリF355 コーティングメンテナンス

1年半前にボディコーティングと

ホイールコーティングをした、

フェラーリF355は、

今回コーティングメンテナンスです。

 

 

オーナー様のお手入れが良く、綺麗な状態です。

写真では綺麗すぎて違いが分かりませんが、

傷が目立つ所は磨きで綺麗にしてから、コーティング。

 

 

他の所は水垢汚れ・雨染み等を除去して、

撥水性を回復させました。

 

 

このF355が綺麗なのは、

特別な磨き・コーティングをしているからではなく、

定期的な洗車・コーティングメンテナンス

しているからです。

 

 

高額なコーティングを施工しても、

洗車もせずに放置すれば、

数カ月で汚れが落ちなくります。

 

 

コーティングを施工されている方は、定期的な洗車を

心掛けて、綺麗に維持して欲しいと思います。

フェラーリF355コーティングメンテナンス後
コーティングメンテナンスで艶々なF355。
続きを読む

ポルシェ・996GT3カップカー 磨き・ガラスコーティング

ポルシェのレーシングカーです。

車重約1180kg、パワー360PS+α。

スペックを見るだけでゾクゾクします!

 

 

さて今回は3日かけての

磨き・ガラスコーティングの施工です。

GT3カップカーはノーマルのGT3よりも

塗装が薄いのですが、

深い傷が沢山あって、苦労しました。

 

 

磨き過ぎは下地が出るし、

軽く流す程度じゃ浅い傷も消せませんので、

丁度良い所に磨きのゴールをおいて仕上げました。

 

 

カップカーを綺麗にして乗ろう

という方も居ないので、良い経験になりました。

996GT3カップカー磨き後 正面の眺め
上品な佇まいのGT3カップカー
続きを読む

R35GT‐R ガラスコーティング

状態のよいR35GT‐Rに、ガラスコーティング施工です。

洗車傷が少しある程度だったので、研磨も楽に終えて

コーティング剤を塗って・拭きとって完成。

 

 

シルバーなので、劇的に艶が上がる事はありませんが、

高級感のあるアルティメイトメタルシルバーになりました。

 

 

今回初めてR35GT‐Rを磨いて、動画で見るよりも

ワイドで、威圧感のあるデザインだなと感じました。

 

 

2007年のデビューから、ニュルブルクリンクでは

スーパーカーを超えるラップタイムで、

世界を震撼させたR35GT‐Rは日本の至宝ですね。

日産には夢のあるスポーツカーを、今後も作り続けて欲しい。 
R35GT‐Rにガラスコーティング施工 ボンネットの艶が上がりました
続きを読む

NSX ザイモール・チタニウム施工

ニューフォーミュラレッドのNSXに、

ザイモール・チタニウムの施工です。

 

 

照明が当たってないので、

分かりにくいですが、

赤が濃くなり、クリアが厚くなったような

艶に仕上がりました。

 

 

耐久性はガラスコーティングに敵いませんが、

艶はザイモールWAXに軍配が上がります。

 

 

ガラスコーティング全盛の今でも、

WAXが無くならないのは、

【その艶が何物にも代え難い】、

という事だと思います。 

NSXにザイモール・チタニウム施工 ニューフォミュラレッドの艶
深みのあるニューフォーミュラレッドに仕上がりました。
続きを読む

フェラーリ348 ガラス系コーティング

348チャレンジを思わせるモディファイが

施されていてカッコイイですが、

洗車傷が目立ち白ボケていました。

 

 

塗装が薄いので深い傷は残して、

浅い傷を消す研磨で対処。

傷は残っていますが、ロッソコルサの深みと

艶が向上したと思います。

 

 

新しい車も良いですが、

古い物には歴史があり、

それを綺麗にする事で、

新車の気分を、感じてもらえたら嬉しいです。

フェラーリ348磨き後 足立のお客様
続きを読む