車磨き・バイク磨きとは

車・バイクの磨きは、

【傷の除去、コーティングの定着性向上】

の役目を担っています。

 

 

コーティング剤を塗るだけで

新車の様な艶には、なりません

 

 

地道な洗浄・磨きによって、

艶・光沢が生まれます。 

 

 

車磨きは誰でも出来るので、

簡単に思われがちです。

 

 

しかし、傷の深さに応じた、

ポリッシャー・バフ・

コンパウンドの選定

 

 

磨きの加圧加減・

回転速度の組み合わせ等、

条件が合致して

初めて綺麗になります

 

 

同じ車・色でも、一方は綺麗に仕上がり、

もう一方では、仕上がらない事があります。

 

 

様々な塗装を研磨した経験を元に、

道具の選定・技術が身に付きます。

 

 

それでも【完璧】とは、なりません

「もっと綺麗に出来ないか?」と考え、

施工に取り組んでいます。

 

 

ではここから、塗装の解説をします。

塗膜の構造を知る事で、

磨きの深さも見えてきます。

 

 

研磨する、塗装の厚さですが、 

 

 

車【約100~120μm

バイク【約50~80μm

 (1μm=0.001mm)。

 

 

以下【ソリッドカラー】、

【クリアコート】をの塗装構造を

ご覧ください。

 

※図の塗膜は平均値です。

車の塗装構造 ソリッドカラー
現代のソリッドカラーは、薄くなっています。
クリア塗装の構造 車磨き
膜厚は旧式・現代と大きくは変わりません。

数値を見ても、どれだけ薄いのか

実感が湧かないですよね?

身近な物で 【 コピー用紙100μm  】、

料理用ラップ10μm 】 です!

 

 

実際に磨く塗装上面は車で40μm

コピー用紙より薄い。

 

 

バイクで20μm

料理用ラップ2枚程の薄さ。

これ程薄い塗装に付いた傷を消すのです。

 

 

ですから、爪が引っ掛かる傷(30μm)

陥没した雨染み(20μm)は、

お客様の要望がない限り、除去しません。

研磨し過ぎると、以下の様になります。

磨き前後の塗装の膜厚 塗装構造図

20μmまで痩せた塗装は

料理用ラップ2枚分の厚さ】です。

深い傷の除去=磨く必要がない部分まで削る

為、塗装が薄くなり耐久性が下がります。

 

 

それならば、3μm程の研磨に抑えて、

傷を目立たなくする方が

長く綺麗な状態を維持できます。

極端に薄い塗装は、汚れも付きやすい

 

 

こう書くと、磨きを依頼するのが

不安になるかもしれませんが、

心配する必要はありません。

 

 

よくある深い傷でも1μm程です。

参考までに、、、

 

 

深い洗車傷で約0.5~1μm。

擦り傷で約2~3μm。

 

 

これくらいの傷が、一般的なのです。当店では

塗装へのダメージを最小限に抑えた研磨で、

塗装を美しくする事が可能です。

 

 

では下記より、動画・写真を掲載しながら、

磨きをご紹介していきます。

洗車傷除去の磨き

車磨き

■ ポルシェ996 黒メタリックの磨き

 

 

このような、傷だらけの塗装面に

コーティング剤を塗っても定着も弱いし、

艶・光沢も出ません。

 

 

下の写真は施工前・磨き後の状態。

コーティング剤を塗る前に、

磨きで塗装を整えることで

艶・コーティングの定着性向上

ポルシェ996黒のボンネットの傷
傷が無数に入ってます。
ポルシェ996黒の磨き後 埼玉の車磨き専門店
傷が消えて、美しいブラックへ。

フェラーリ・カリフォルニアのリアフェンダーの傷
深い線傷・洗車傷が目立ちます。
フェラーリ・カリフォルニアのリアフェンダー磨き後の艶
磨きでロッソコルサの深みがアップ。

 バイク磨き

■ CB400SB タンクの洗車傷・ニーグリップ傷除去

 

 

バイクは車より塗装が薄く、局面が多いので

繊細な磨き技術が求められます。

当店は、細かい作業を得意としているので、

バイクコーティングもお任せ下さい。

CB黒のタンクの傷
傷で塗装が白ぼけています。
CBのタンク傷除去 埼玉の車磨き専門店
磨きで傷を除去。


ウォータースポット・クレーター除去の磨き

■ ポルシェ930 クレーター除去

 

 

雨染みを放置すると、

クレーターになります

 

 

クレーターは塗装が陥没しているので、

普通の磨きでは除去できません。

 

 

ペーパー研磨で塗装を平らにして

その後、コンパウンドの磨きで

美しい塗装肌に仕上げます。

 

 

何故、塗装にクレーターができるのか?

以下の図をご覧ください。

塗装にクレーターができる過程図 雨
雨で水滴ができる。
塗装に残った水分に汚染物質が集まる図
水滴に汚染物質が集まる。

クレーターが塗装面にできる 図
水滴が乾燥して酸性物となり、塗装を溶かす。
酸性クレーターが深刻になる 図
クレーターに水が溜まり、乾燥して悪化。

クレーターが目立つポルシェ930 雨染み ウォータースポット
ポルシェ3.2カレラ 雨染み。
ポルシェ930のクレーター除去 埼玉
研磨後、クレーターが目立たなくなりました。

■ ポルシェ996ターボ ウォータースポット除去

 

 

ボディ全体に陥没した

ウォータースポット・雨染み

があり、艶もありませんでしたが、

ケミカル洗剤と磨きで除去

艶が回復しました。

 

 

コーティング剤を塗るだけで、

シミ・ウォータースポットは消えません

 

 

正しい下地処理・研磨が必要です。

強引に磨くと、熱で塗装が歪む事も

ありますので、お店選びは慎重に

行いましょう。

ポルシェ996ターボ黒のウォータースポット
996ターボ 雨染みが少し陥没してます。
ポルシェ996ターボのウォータースポット除去
996ターボ 手前側の雨染みを除去。


擦り傷除去の磨き

磨き

■ ポルシェ996ターボ 擦り傷除去

 

 

下地まで達している傷は消えませんが、

目立たなくする事は出来ます。

塗装をする前に、ご相談ください。

ポルシェ996ターボのバンパーの擦り傷
爪が引っ掛かるような深い傷。
996ターボの擦り傷除去 埼玉の車磨き専門店
研磨後。傷が目立ちません。

■ ケイマン ボディカバーの擦り傷

 

 

ドアに深い擦り傷があります。

黒なので特に目立ちます。

リスクが伴う研磨でしたが、

傷が消えて、良い艶に仕上がりました。

ケイマンのボディカバーの傷
ケイマン ボディカバーの擦り傷。
ケイマンのボディカバーの傷除去
ボディカバーの擦り傷を磨きで除去。

 バイク磨き

■ ハーレー・ロードキング ニーグリップ傷除去

 

 

タンクの擦り傷は定番です。

濃色は特に傷が目立ってしまうので、

オーナー様は気になると思います。

 

 

小傷なら、ワックスで埋まりますが、

磨き傷を付けてしまってる方も多いです

困った時は、バイク磨き専門店の当店へ。

ハーレー・ロードキングのタンクの傷 ニーグリップの傷
ハーレー・ロードキング タンクの擦り傷
ハーレー・ロードキングの磨き・コーティング後のタンク
タンクの磨き後。

■ R1200GSトリプルブラック タンクの擦り傷除去

 

 

タンクにジャケットの擦り傷

が付いて目立っていましたが、

新しい塗装なので気を使う事なく、

磨きで除去できました。

 

 

バイクは塗装が薄いので、

研磨できる回数も限られます。

ジャケットを擦る事が多い方は、キズ防止に、

タンクパッドを貼るのも良いと思います。

R1200GSのタンクの傷
R1200GS タンクの擦り傷。
1200GSのタンク磨き後
傷が目立たなくなりました。