フランス車の磨きブログ


シトロエンDS3カブリオ 幌コーティング 磨き・ナノガラスコーティング

3週間前に納車されたシトロエンDS3カブリオ

お見積りで、草加よりご来店頂きました。

まずは気にされている幌の状態を確認。

 

 

何か塗って硬化したようで

青い幌が白く変色して

塗り斑と染みがキャンバス生地の幌

全体に発生していました。

 

 

普通の汚れですと3~4時間で

綺麗にできますが、

今回は6時間がかりの大変な洗浄作業でした。

その後、コーティングして

ヒーターで定着させて完成。

 

 

現在使用している幌のコーティング剤は

無溶剤の親水タイプで、

撥水タイプよりも汚れが固着しないので

汚れを気にする方にお勧めです。

 

 

幌にはキャンバス生地(布)・ビニール生地(皮の質感)

がありますが、どちらでも、コーティングできます。 

 

 

ボディの方は 深い傷・雨染みクレーターが目立っていて、

塗装も強引に磨かれたおかげで、薄くなっていました。

こういう状態のボディを綺麗に仕上げるのはとても難しいです

 

 

塗装が薄いからと、軽い磨きだと、

変わり映えしません。

かと言って深い傷を完全除去すれば、

薄くなって次は磨けなくなるので、

深い傷は目立たなくなる程にして、

あと数回は磨ける状態で仕上げ、

艶のある黒(ノアールペルラネラ)に戻りました。 

 

 

お引き渡し時には喜んで頂けて、嬉しく思いました。

車の話しを2時間以上して、気付くと23時!

 

 

さぁ帰ろうと店から車を出すと、

外では違った魅力に映り「カッコイイ!」となり、

DS3の周りをクルクル回って観賞会(笑)。

 

 

綺麗な車は人を幸せにしてくれますね♪

この度はご依頼ありがとうございました。

シトロエンDS3カブリオの幌の汚れ
汚れた幌。
続きを読む

トゥインゴ ナノガラスコーティング ホイールコーティング

トゥインゴ(新車)の磨き・ナノガラスコーティング

ホイールコーティングの施工です。

新車ですが、汚れ・傷・バフ目・オーロラマークがありました。

 

 

新車といっても外車の場合、工場出荷→本国の港→

日本の港(ヨーロッパからだと約40日程かかります)

→デポ(点検・整備を行う)→販売店 という流れです。

 

 

販売店に着いた車は、売れるまでは殆ど屋外保管となり

売れ残った車は、到着から半年~1年は

洗車もされていない事が多い。

販売契約がされると、再び点検整備・磨きが行われます。

 

 

車両には、養生テープ等が貼られていますが、

雨染み、傷があります。

それを外注の磨き屋が仕上げ、

ディーラーで納車となります。

 

 

殆どの業者は安くやらされるので、

それなりになります。

まじめな職人が揃っている業者だど、

綺麗に仕上げています。

 

 

この車両は、安かろう悪かろうな仕上がりでしたが、

磨きで新車の艶と、ブルーノクターンの深みが増し、

綺麗に仕上がりました。

新車は、気持ち良く乗ってほしいと思います。

続きを読む

プジョー206CC 傷除去 ザイモールWAX フロアマット洗浄

19万キロ走行したプジョー206CC

パッと見は綺麗でしたが、よく見ると

所々に擦り傷、深い傷が、、、

 

 

予算が限られているので、

ボディは艶出し程度に抑え、

傷消しに重点を置いた磨きをする事に。

仕上げはザイモールWAX。

 

 

内装は全体的に綺麗でしたが、

フロアマットの染み・汚れが

目立ったのでリンサーで綺麗にしました。

 

 

高いコースで新車並みに仕上げるのも良いですが、

低予算で内外装の気になるところだけを

綺麗にするコースも有りかと思います。
埼玉所沢の車磨き専門店 プジョー206の傷
リアバンパーに大きな擦り傷。
プジョー206の傷除去後にザイモール施工で極上の艶
傷が直って綺麗になりました。

続きを読む