930ターボ 磨き・セラミックコーティング

オールペン後のコーティング

多摩よりご来店のポルシェ・930ターボ(89年、最終型)。

 

 

綺麗なので、経年車より磨きは楽と

思われがちですが、難しいです。

 

 

マニュアル通りの磨きと、

パネル毎の塗り肌・状態に合わせた

磨きでは、施工方法も仕上がりも違います。

 

 

単純な作業程、深かったりするものです。

気付くか、気付かないか。

たかが磨き、されど磨き。だと思います。

 

 

数日かけて磨いた930ターボは、

セラミックコーティングを施工して。

鮮やかな光沢に仕上がりました。

きっと車も喜んでくれていると思います。

 

 

ところで930ターボは、何年デビューか御存知ですか?

1975年です。

 

 

70年代の国産車といえば、

フェアレディZ(S30)、スカイラインGT‐R(KPGC10)、

セリカ・リフトバック、サバンナ等がありました。

 

 

どの車も個性的で、カッコイイですが、

その中に930ターボが混じると、

やはり格が違います。

 

 

パワーにおいては、明確な差があります。

スカイラインGT‐Rで160PS(グロス値)、

930ターボ(3.0L)は260PS。

77年、3.3Lモデルは300PSあります。

 

 

パワーだけ?のアメ車とは違い、

世界中のレースで耐久性が裏打ちされているのが、

ポルシェならではの魅力です。

 

 

930ターボは、それを象徴する偉大な車であり、

ポルシェと聞くと、このモデルを想像する方も

多い、メーカーのイメージを代表する

スポーツカーだと思います。

 

 

そんな希少な車を施工出来て、

今回は特別、幸せな気分になれました。

この度も、ご依頼ありがとうございました。
930ターボのセラミックコーティング完成
ポルシェ930ターボの磨き後のボンネット
930ターボのリアフェンダー セラミックコーティング完成
このリアビュー、幸せです。
ポルシェ930ターボの磨き完成 埼玉の車磨き専門店
セラミックコーティング後の930ターボ
930ターボの磨き・コーティング後の光沢
930ターボのシートベルトの汚れ
手あかが目立ちます。
930ターボのシートベルトの洗浄クリーニング
汚れ除去。

車磨き・お問い合わせ

930ターボも、デビューから33年、

最終モデルでも19年経過しています。

汚れ・傷が目立ち、古さが目につき

「塗装しないと綺麗にならない」と

思っていないでしょうか?

 

 

先にも述べたように、「たかが磨き、されど磨き」。

施工者によって経験・技量・やる気が違います。

 

 

間違った診断・施工を受ければ、

価値も損なわれてしまいます。

 

 

930ターボの磨きをご検討中の方は、

埼玉の車磨き専門店・アートディテールへ。

 

 

詳細はカーコーティング・料金

車磨きの動画をご覧ください。

 

 

セラミックコーティングの質問・お見積りは

メール042‐001‐2025

電話は非通知解除をして、おかけください。

 

 

※1日経過しても、メールの返信が届かない時は、

何らかの理由でメールが届いていない可能性があります。

大変恐縮ですが、お電話にてご連絡お願い致します。