ポルシェ930の磨き・コーティングブログ

 ポルシェ930の磨き・コーティングブログ。

930は74~89年迄、製造されていました。

 

 

カレラ、クラブスポーツ、SC、ターボ、ターボS、

フラットノーズ、タルガ、カブリオレ、

スピードスターのモデルがあり、

歴代911の中でも、最も長く生産された

モデルでもあります。

 

 

古いモデルでは40年、

最新の89年でも30年経過しています。

 

 

当店でも、ブログに掲載されていない施工を

合わせると、かなりの台数を磨きました。

古い車を綺麗にするのは、施工者も

オーナー様も心地よいものです。

 

 

それでは、ポルシェ930の磨き・コーティングを

ご覧下さい。


930ターボの磨き 傷・シミ除去

930ターボの黒が東京より、

傷・シミ除去でご来店。

 

 

5MTの最終型。

距離1万3000km代の宝石。

内装は極上。

 

 

塗装に傷・シミ・クレーターはあるけど、

31年の歳月を考えると綺麗かも?

 

 

しかし、WAXカスの量が

見た事無い程ある。

 

 

ん?1000番のペーパー目がある。

強引に磨いて、塗装にシワが寄ってる。

嫌な予感。

 

 

さて何処までやれるか?

ワクワク、ドキドキな8日間が

スタート。

 

 

まずは洗浄から。

ボディの状態から見て、

鉄粉除去剤、水垢・シミ除去剤は使用不可。

 

 

これは苦労するなと思ったが、

WAXのお陰?で水垢・鉄粉が

少なくて助かった。

 

 

但し、WAXカスの無限ループに

めまいが(笑)

 

 

先日のC63AMGも、凄かったが

上には上があるもんだ。

 

 

ゴムモールに迄、容赦なくWAXを

かけてるから、ゴムが真っ白、、、。

 

 

洗浄で少しはマシになったが

技術不足が否めない。

 

 

気を取り直して、塗装の磨きへ。

 

 

傷・シミ・クレーターが無数。

黒ソリッドで、目立ちます。

 

 

まず部分的に磨いてみると、

塗装が異常に柔らかい。

 

 

嫌な予感が的中。

 

 

仕上げ用のコンパウンドで、

洗車傷・シミが消えたぞ?

 

 

何台も930を磨いてきたけど、

初めての感触。

 

 

マズいパターンです。

案の定、水拭きするだけで、

傷が入ります。

 

 

仕上げ磨きで、白ボケを作る

という意地悪な塗装です。

 

 

でも、大丈夫。

これくらいで折れません。

 

 

コスモを燃やし、冷静に戦えば、

勝機は見える。

 

 

時には1パネル4時間磨き、

時には、脱脂で戻る傷に無力さを覚え、

しかし。着実に課題をクリアしていきます。

 

 

本当に終わるのか?仕上がるのか?

から、後少し!というとこまで来た。

 

 

こんな感じで、8日間コツコツ

作業をして完成。

 

 

完璧とは言えないが、

入庫時よりは、黒らしい光沢が

930ターボに戻った。

 

 

今回は精神と時の部屋に居る感覚でした。

体重も48kgから46kgへ。

 

 

こんな過酷なGWは初めて(笑)

忘れられない施工になりました。

 

 

この度は、2カ月近く

お待たせしてしまい、ご不便おかけしました。

 

 

また、数ある施工店の中から

ご依頼頂き、有難うございました。

 

 

930ターボの磨き動画

もご覧頂けます。

930ターボ ボンネットの傷・シミ・クレーター 黒いポルシェ930
傷、シミ、クレーターが目立つボンネット。
続きを読む

ポルシェ930カレラ 花粉染み除去 フッ素コーティング

花粉染み除去で茨城よりご来店の

ポルシェ930カレラ

 

 

濃色車はちょっとした汚れ・

傷が目立つので維持が大変ですね。

 

 

花粉染み除去も、濃色車は特に手間です。

 

 

当店では独自の施工方で対処しているので、

それ程苦労しませんが、

一般的な作業だと無駄に時間が掛かり、

塗装へのリスクも高まります。

 

 

花粉染みで困っている方は、

施工店選びを慎重に行わないと、

除去されていないのに、

請求はしっかりされちゃいます。

 

 

このポルシェ930は、花粉染みが除去され、

フッ素コーティングで保護。

 

 

ガーズレッド本来の艶に改善されました。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

花粉染みが目立つポルシェ930カレラ
鳥糞痕のような、花粉染み。
ポルシェ930カレラ 花粉染み除去 埼玉の車磨き専門店 濃色車の研磨 フッ素コーティング
花粉染み除去後のポルシェ930カレラ。

続きを読む

ポルシェ930ターボ 水アカ除去・艶出し

ボディの水アカ・黄ばみが凄かった

ポルシェ930ターボ

 

 

しかも塗装が薄く、

部分的に剥げていたり、

危険な所が色々ありました。

 

 

的確な施工で、黄ばんだ930ターボが

艶のあるグランプリホワイトに改善。

旧車を綺麗にするのは、気分ち良い。

ポルシェ930ターボの水アカ除去 ガラスコーティング グランプリホワイトの艶出し
930ターボのボディラインは廃れません。
続きを読む

ポルシェ 3.2カレラ クレーター・ウォータースポット除去

クレーターを消したい

とのご依頼でしたが、

塗装が薄くて困りました

 

 

今後、何度か磨けるくらい厚さを残しつつ、

クレーター、ウォータースポットを

目立たなくする方向磨く事にしました。

 

 

まず、ペーパー研磨で、

下地が出ないように、

ソフトに薄く塗装を研ぎます。

 

 

ペーパー研磨が終わったら、

コンパウンドでペーパー目を消します。

ここでも、磨き過ぎると、

下地が出るのでゆっくり作業します。

 

 

最後に、超微粒子コンパウンド・スポンジバフで

磨いて完成。

クレーターが除去されて、

綺麗な肌の塗装になりました。

ポルシェ930の雨染み陥没クレーター
3.2カレラ ルーフ クレーターでボコボコ。
クレーター除去後のポルシェの塗装面
磨きで綺麗になった3・2カレラのルーフ。

続きを読む

ポルシェ 3・2カレラ 内装クリーニング

施工車は3・2カレラ 25万台アニバーサリーという希少車。
こちらの限定車はカーペットの起毛が、普通の3・2カレラと違って
毛足が長く、フカフカしていて高級感があります。

 


オーナー様は【風合いが損なわれるのを気にされている
との事でしたので、1か所を施工して
問題ない事を実証してから内装クリーニングに入りました。

ポルシェ930の内装クリーニング 
ポルシェ3・2カレラ アニバーサリーモデル
続きを読む

ポルシェ930 シートクリーニング 染み汚れ除去

汚れたまま放置されたポルシェ930の純正シートは、ご覧の状態。

シートクリーニングで、完璧ではありませんが、

かなり綺麗になったと思います。

 

 

布に付着した染みは、時間が経過すればする程、

除去が困難になり雑菌も繁殖しますので、早めのクリーニングが効果的です。

ポルシェ930のシートの染み汚れ 汗染み黄ばみ
ファブリック部分に放置した汚れが目立ちます。
ポルシェ930シートの洗浄クリーニング
汚れが目立たなくなりました。

続きを読む