ポルシェ930の磨き・コーティングブログ

 ポルシェ930の磨き・コーティングブログ。

930は74~89年迄、製造されていました。

 

 

カレラ、クラブスポーツ、SC、ターボ、ターボS、

フラットノーズ、タルガ、カブリオレ、

スピードスターのモデルがあり、

歴代911の中でも、最も長く生産された

モデルでもあります。

 

 

古いモデルでは40年、

最新の89年でも30年経過しています。

 

 

当店でも、ブログに掲載されていない施工を

合わせると、かなりの台数を磨きました。

古い車を綺麗にするのは、施工者も

オーナー様も心地よいものです。

 

 

それでは、ポルシェ930の磨き・コーティングを

ご覧下さい。


ポルシェ930カレラ 花粉染み除去 フッ素コーティング

花粉染みが気になるという事で、

茨城よりご来店のポルシェ930カレラ

濃色車はちょっとした汚れ・

傷が目立つので維持が大変ですね。

 

 

花粉染み除去に関しても、濃色車は特に手間です。

当店では独自の施工方で対処しているので、

それ程苦労しませんが、

一般的な作業だと無駄に時間が掛かり、

塗装へのリスクも高まります。

 

 

花粉染みで困っている方は、

施工店選びを慎重に行わないと、

痛い目を見る事になります。

 

 

こちらのポルシェ930は、花粉染みも除去されて、

ガーズレッド本来の美観へと甦りました。

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

花粉染みが目立つポルシェ930
鳥糞痕のような、花粉染み。
ポルシェ930の花粉染み除去 埼玉の車磨き専門店
花粉染み除去後。

続きを読む

ポルシェ930ターボ 水あか除去+艶出し

ボディの水あか・黄ばみが凄かった

ポルシェ930ターボ

 

しかも塗装が薄くて、

部分的に剥げていたり、

危険な所が色々ありました。

 

 

的確な施工で、黄ばんだ930ターボが

艶のあるグランプリホワイトに生まれ変わりました。

旧車を綺麗にするのは、気分がいいです。

930ターボの水垢除去  ガラスコーティング グランプリホワイトの艶
930ターボのボディラインは何年経過しても色褪せません。
続きを読む

ポルシェ 3.2カレラ クレーター・ウォータースポット除去

 クレーターを消してほしい

とのご依頼でしたが、
塗装が薄くて困りました

 


今後、何度か磨けるくらい塗装の厚さを残しつつ、

クレーター、ウォータースポットを目立たなくする方向
塗装を磨く事にしました。

 

 

まず、ペーパー研磨で、

下地が出ないように、

ソフトに薄く塗装を研ぎます。

 

 

ペーパー研磨が終わったら、

コンパウンドでペーパー目を消します。

ここでも、磨き過ぎると、

下地が出るのでゆっくり作業します。

 

 

最後に、超微粒子コンパウンド・スポンジバフで

磨いて完成。

クレーターが除去されて、

綺麗な肌の塗装になりました。

ポルシェ930の雨染み陥没クレーター
3.2カレラ ルーフ クレーターでボコボコ。
クレーター除去後のポルシェの塗装面
磨きで綺麗になった3・2カレラのルーフ。

続きを読む

ポルシェ 3・2カレラ 内装クリーニング

施工車は3・2カレラ 25万台アニバーサリーという希少車。
こちらの限定車はカーペットの起毛が、普通の3・2カレラと違って
毛足が長く、フカフカしていて高級感があります。

 


オーナー様は【風合いが損なわれるのを気にされている
との事でしたので、1か所を施工して
問題ない事を実証してから内装クリーニングに入りました。

ポルシェ930の内装クリーニング 
ポルシェ3・2カレラ アニバーサリーモデル
続きを読む

ポルシェ930 シートクリーニング 染み汚れ除去

汚れたまま放置されたポルシェ930の純正シートは、ご覧の状態。

シートクリーニングで、完璧ではありませんが、

かなり綺麗になったと思います。

 

 

布に付着した染みは、時間が経過すればする程、

除去が困難になり雑菌も繁殖しますので、早めのクリーニングが効果的です。

ポルシェ930のシートの染み汚れ 汗染み黄ばみ
ファブリック部分に放置した汚れが目立ちます。
ポルシェ930シートの洗浄クリーニング
汚れが目立たなくなりました。

続きを読む