フェアレディZの磨き

フェアレディZも、歴史あるスポーツカーで

GTレースはもちろん、ラリーでも活躍。

していました。

 

 

独特なスタイリングとFR、6気筒エンジン、

Hパターンのマニュアルミッション

というパッケージングは、現代では

希少なモデルと言えます。 

Z34ロードスター ホイール・樹脂パーツ・幌のコーティング

 リピーターのお客様より、

ホイールコーティング

樹脂パーツコーティング

幌コーティングの再施工、

ガラス撥水、コーティングメンテナンスを

御依頼を頂きました。

 

 

ホイールは交換してから

半年程ですが保管状態が良く、

スムーズに施工できました。

 

 

カールトップ・ミラーベース等の

樹脂パーツの白ボケも

コーティングで黒さが回復して

質感が上がりました。

 

 

ボディのコーティングは他店さんで

施工されているので、本来は

メンテナンスを受けておりませんが、

今回は特例で施工。

 

 

ボディの鉄粉・WAXカスは多いですが、

傷は少なく、職人が丁寧に磨いた

事を物語っていました。

 

 

コーティングメンテナンスは、

研磨しないで、ボディを綺麗にする作業

なので、洗浄ですべて決まります。

 

 

作業後は、くすんでいた塗装に艶が

戻り、Z34の曲線美が際立つように

仕上がりました。

 

 

お客様で気にされていた、

カールトップ、ミラーベース等の

樹脂パーツの白ボケも

コーティングで黒さが回復。

 

 

幌は2年半前にコーティングして

幌用のカバーを装着されているので、

汚れも少なく、スムーズに施工。

写真を取り忘れたのが、残念。

 

 

ガラスも油膜が少なく、洗浄と

コーティングで透明感が向上。

 

 

車全体が綺麗になり、

お客様は「大切に乗って行こう」と

改めて思われてたそうです。

 

 

綺麗な車は人を幸せにしてくれますね♪

 

 

この度も、数ある施工店の中からの

御依頼誠に有難うございました。

続きを読む

Z34 ヘッドライト磨き 黄ばみ除去

ヘッドライトの黄ばみが気になるという事で

メールを頂戴しまして、

その後、見積もりでご来店頂きました。

 

 

現物を確認すると、黄ばみ以外に曇り・ひび(クラック)が

運転席側のヘッドライトに発生していました。

 

 

助手席側は黄ばみはありませんが、

線傷のようなクラックが気になるとの事。

 

 

落とせる黄ばみ・ひび・曇り、落とせない内側の汚れ・ひび等

をご説明して、後日施工でご来店頂く事となりました。

 

 

お引き取りの際は「感動しました!」

というお言葉を頂戴して、嬉しく思いました。

この度は数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

 

 

Z34ヘッドライトの曇り・黄ばみでお困りの際は、

埼玉の車磨き専門店・アートディテールへお任せ下さい。

 

  

ヘッドライト磨き・コーティングの詳細は

ヘッドライト磨き料金

車磨き・バイク磨きとはをご覧下さい。

 

 

 

ご質問・お見積りは

メール042‐001‐2025

電話は非通知解除をして、おかけください。

 

※1日経過しても、メールの返信が届かない時は、

何らかの理由でメールが届いていない可能性があります。

大変恐縮ですが、お電話にてご連絡お願い致します。

続きを読む

フェアレディZ34ロードスター 幌コーティング

幌コーティングで和光よりご来店のZ34.

幌のコーティングをする車輛は、

汚れが重度の車が多いので覚悟していましたが、

拍子抜けするくらい綺麗で、

ご希望の時間より早く、お引き渡しする事が出来ました。

 

 

肝心の幌の写真を撮り忘れたので、施工後の状態を

披露出来ませんが、リンサーで回収した

幌の汚水をご覧頂ければ

想像は出来るかと思います。

 

 

かなり綺麗な幌でもこんな状況ですから、

汚れの目立つ幌ですと大変です。

 

 

キャンバス生地の幌は合皮の幌と違い

汚れが繊維の奥に入るので、

除去が困難で放置すると、固着します。

 

 

さらに紫外線・雨に晒されて、幌の色褪せ・劣化が進行。

早めの幌コーティングで保護する事をお勧めします。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠にありがとうございました。

続きを読む

フェアレディZ34 スクラッチシールド 磨き

Z34黒のスクラッチシールド塗装の磨きです。

「軽い磨きでコーティングは無しでOK」。

というご依頼でした。

 

 

程度が良かったので、軽い磨きで艶感が向上しました。

スクラッチシールドという塗装は熱を加えると、

傷が目立たなくなる性質を持っています。

 

 

旧式の【熱をかけて磨く】施工方では、

磨き直後は傷が消えたように錯覚しますが、

熱が下がると、傷が戻ります。

 

 

その際に、熱をかけて磨いた事による

磨き傷も浮いてくるので、技術を要する塗装です。

 

 

これから磨き屋・コーティング屋で施工を検討している方は、

その店にスクラッチシールドを磨く技術があるのか、

確認しないと施工前より傷が目立つ状態になるので、

お店選びは慎重に行いましょう。

続きを読む