春が来ましたね♪

春と言えば桜!

 

 

今年は、山梨に咲く神代桜

始めて見に行きました。

朽ちかけた幹でも、

懸命に花を咲かせた姿は、

圧巻です。

 

 

樹齢は2000年!!

弥生時代から生きている事になります。

 

 

1959年8月の台風で

主幹が折れましたが、

それでも、花を毎年咲かせます。

 

 

夏の暑さ、冬の寒さを2000年も耐え続けている

神代桜を見ていると、「お前も頑張れ!」

と言われている気になり、力が湧いてきます。

 

 

伝説では日本武尊(やまとたけるのみこと)が、

植えたとされている事も、神代桜をより

神秘的な存在にしています。

まだ見た事の無い方は、

ぜひその目で、体で体感して欲しいです。 

 

 

神代桜を知ったのは、

粂原愛さんの【つぎて咲くべく】

という絵が切っ掛けでした。

この作品は、郷さくら美術館(目黒区)にて

開催中の桜花賞展にて展示していますので、

絵に興味ある方には、お勧めです。

 

 

粂原愛さん、郷さくら美術館さんのお陰で、

神代桜を知る事が出来て、本当に感謝致します。

神代桜
神代桜。樹齢2000年。
見事に咲いた花。生命の神秘ですね。
見事に咲いた花。生命の神秘ですね。
恐竜の皮膚を思わせる幹。
恐竜の皮膚を思わせる幹。

わに塚の桜

わび塚の1本桜
丘の上に咲く、わに塚の1本桜。

神代桜から車で10分程の所に咲いてます。

樹齢は330年と神代桜より若いですが、

わに塚の1本桜独特の魅力があります。

 

 

丘の上に大きな桜が咲き誇っていて、

根元には水仙も咲いており、

時間がゆっくりと流れています。 

 

 

この桜を知ったのは、

釜無川橋で山の写真を撮っていた時に

偶然出会った紳士の方に教えてもらいました。

とてもいい場所で、感動。

教えて頂き、ありがとうございました!

水仙も綺麗に咲いて、桜とのコラボが美しいです。
水仙も綺麗に咲いて、桜とのコラボが美しいです。

千鳥ヶ淵・靖国神社の桜

桜・内堀・街・ライトが何とも魅力的。
桜・内堀・街・ライトが何とも魅力的。

千鳥ヶ淵は都内で、一番好きな桜の名所。

都会と桜が見事に融合していて、

朝・夕方・夜と、楽しめるスポット。

 

道をいつも綺麗にしてくれている

運営スタッフの方々には、

毎年頭の下がる思いです。

 

 

靖国神社では、綺麗な桜に囲まれ、

出店で胃袋も満たせる、

贅沢な花見が出来ます。

 

こうして花見を楽しむ事が出来るのも、

英霊達が築いた、平和のお陰だという事に

深い感謝の思いが生まれます。 
みんな笑顔で花見を楽しんでるのが印象的。
みんな笑顔で花見を楽しんでるのが印象的。
フライデーナイトファンタジーな、風景。
フライデーナイトファンタジーな、風景。
千鳥ヶ淵の夜桜は、本当に楽しい。
千鳥ヶ淵の夜桜は、本当に楽しい。
千鳥ヶ淵の夜桜
ずっと見ていられます。
靖国人神社の桜
靖国神社の境内。平和な時代に生まれた私達は幸せ者ですね。
靖国の桜
英霊達もこの桜を見て、宴をしているのでしょうね。