トヨタ86の磨き・コーティングブログ


トヨタ86・GRスポーツ コーティングメンテナンス

 トヨタ86はコーティングメンテナンスで

所沢より、ご来店です。

 

 

昨年の10月にセラミックコーティングを、

施工して頂いて、7カ月経過。

 

 

3月に御連絡頂いた際は、

「花粉のシミが気になってきた」。

との事だったので、

塗装が心配でした。

 

 

ご来店時に一緒に車を確認しましたが、

シミのトラブルは無く、

ホッとしました。

 

 

 

 

セラミックコーティングでシミが酷くなった

車は無いので、ずっと何故だろう?

と考えてましたが、何事も無くて

本当に良かったです。

 

 

塗装の状態は良好で、

通勤に使用しているとは思えないレベル。

お陰さまで、メンテナンスでの洗浄が

とても楽でした。

 

 

浮いた時間で、色々テストも出来て

艶・白さも向上。

「新車みたいだ」。と喜んで頂き、

嬉しく思いました。

 

 

この度は。コーティングメンテナンス

 

御依頼、有難うございました。

鉄粉除去中のトヨタ86
鉄粉は、そこそこ付着してました。
続きを読む

トヨタ86の磨き シミ・クレーターが目立つ塗装

トヨタ86・スタイルCBは、ボンネットの

シミ・クレーターが気になるとの事で、

川越より、ご来店頂きました。

 

 

塗装を確認すると、クレーターは深く陥没

していて、シミも多く、くすんで白ボケた

ボンネットでした。

 

 

お客様に現状をお伝えして、

「完全除去は難しいので、

クレーターを少し目立つにくくする

程度の磨きが、良いと思います」。

 

 

と説明をしてから、ボンネットの1部分を

磨き、確認をしてもらい、

OKを頂いて施工へ。

 

 

研磨作業は6時間掛かり。

パッと見のシミ・クレーターは目立たなくなり、

艶はかなり改善されました。

 

 

スポーツカーはデザインが洗練されて居るので、

綺麗になると存在感が全然違いますね。

この度は数ある施工店の中からの御依頼、

誠に有難うございました。 
トヨタ86のシミが目立つボンネット
シミ・クレーターが目立つボンネット。
続きを読む

トヨタ86・GRスポーツ セラミックコーティング

86GRスポーツは、所沢からご来店。

初めて間近で見ましたが

カッコイイです、この車。

FR・軽量・マニュアルミッションと

3拍子揃ったスポーツカーです。

 

 

車の需要自体が減少している中、

しかもスポーツカーという現代では、

マニアにしか受けない?車を作ってくれた

トヨタ・スバルの英断に感謝ですね。

 

 

オーナー様もしばらくは、オートマ車に

乗られていたとの事でしたが、

久しぶりにマニュアル車に乗りたくなって

トヨタ86を購入となったようです。

 

 

やはりマニュアルのスポーツカーとの

一体感は、他に無い喜びがあります。

 

 

そこに、花を添えるのがコーティングです。

自分の車がいつも綺麗だと、

それだけで気持ち良いものです。

 

 

塗装面に映りこむ自然風景、

街の街灯、夕日に染まる空、等。

日常の瞬間に、美を感じる事が出来ます。

 

 

洗車の時には、汚れが簡単に落ちるから、

体力も時間も使いません。

洗車後のドライブも快適です。

 

 

さて、86GRスポーツの状態ですが、

納車後、2週間で汚れていましたが、

傷は目立ちませんでした。

 

 

「ボディで気なる所はありますか?」と

オーナー様に伺っても「特にありません」

との事だったので、

【磨き無しのコーティング】をご案内。

 

 

但し、「洗車後に傷が目立つ事があるので、

何かあれば、ご連絡致します」と説明。

 

 

洗車をしてみると、傷はありませんが、

ザラザラ感があり、目に見えない鉄粉が

付着していましたので、オーナー様に連絡。

 

 

「このままコーティングしても、見た目には

問題ありませんが、コーティングの持続性は

低下します」。

 

 

とお伝えしたところ、

「折角なので磨きもお願いします」。

とのお返事を頂き、磨く事になりました。

 

 

当店は磨き専門店なので、

【磨きを強要する】

と思われるかもしれませんが、

それは絶対ありません。

 

 

オーナー様が気にしてない傷を、

「これを消さないとコーティング定着しませんよ」

とか言っちゃう施工店ではありません。

 

 

オーナー様が必要としてない施工は、

無駄な出費としか感じないのではないでしょうか。

 

 

あくまでオーナー様の価値観に沿って、

施工を行うのがアートディテールです。 

 

 

では話しを施工に戻します。

鉄粉以外では、サイドステップ左側の

雨染みが気になりました。

 

 

面積の小さいパーツですが、

磨くと全体の質感が向上します。

「神は細部に宿る」という言葉の通りです。

 

 

ボディも丁寧に磨いて、新車本来の艶に

仕上がったと思います。

 

 

特に、グレーメタリックに塗装された

GRパーツのフロントスポイラー、

リアスポイラー、フェンダーガー二ッシュ

の艶・光沢が向上しました。

 

 

仕上げに、セラミックコーティングを

スプレーガンで拭き付けて、

86GRスポーツの質感がアップしました。

 

 

最後は、ヘッドライトの黄ばみ防止の対策で

ヘッドライト専用のコーティング剤を、

赤外線ヒーターで焼き付け施工。

新車時の施工が、一番効果があります。

 

 

すべての磨き・コーティング作業が終わった

トヨタ86は、入庫時とは比較にならない

美観へと生まれ変わりました。

 

 

オーナー様と、車を眺めながら

色々とお話しをさせて頂きました。

毎回そうですが、自分の車が綺麗になると

みなさん、満面の笑みで愛車を眺めます。

 

 

それを見ている時に、「幸せだなぁ」。

と私は感じます。

これからも、車の美を求めて

日々鍛錬していこうと思います。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

ありがとうございました。

ご紹介して頂いたN様にも感謝、致します。

 

 

N様のご紹介がなければ、

Y様のご来店もなかったと思います。

お二方とも、本当に有難うございました。 
トヨタ86のセラミックコーティング後の艶
続きを読む

車磨き・ブログ