遅い夏休み

夏休みは北海道へ帰省して、

ずっと釣りしてました♪

 

 

4月の帰省時には、大きな黒ガシラは

釣れて楽しかったのですが、

一番釣りたかったニジマスが、

1匹も釣れませんでした

餌を使ったのに(^^;)

 

 

今回は絶対釣る!と決めて、

渓流へ挑みました。

しかもルアーで。

 

 

ルアーは18年振り。

リール以外は手元に無いので、

中古で5000円のロッドを購入。

物はダイワ・ネオバーサル・702ULFS。

長すぎるけど、安いのでOKとした。

 

 

リールは中学の時に買った、リョービ・サイノス。

帰省前に分解して、仕事で使ってる高級な

グリスを使用して、復活させておきました♪

 

 

ルアーは色とりどり合って、

見ているだけで、釣れる気がしてきますw

 

 

その中から、定番の赤金のスプーン、

釣れそうなスピナー、ミノーを購入。

そして渓流へ。 
登別の渓流
この場に居るだけで、癒されます。
久しぶりの渓流は、懐かしさと高揚感で、

童心に帰らせてくれました。

 

 

自然の懐の深さに圧倒されながら、

ニジマスが居そうなポイントを探ります。

 

 

ここだ!という所に、赤金スプーンをキャスト。

まったくアタリが無い。

じゃあスピナーでやってみよう。

 

 

キャスト後、少し早めに巻いた途端

ググッ! キタッ!!

 

 

心地良い引きがロッドを通して伝わってきました。

ジャンプしないからヤマメかな?

と思いましたが、

ニジマス ♪

 

 

サイズは24cmと小ぶりだけど、

ニジマスらしい綺麗な魚体。

ごちそうとして持ち帰りました♪

天然の虹鱒 登別
綺麗なニジマスですね。
ニジマスの塩焼き
塩焼きで美味しく頂きました。
翌日は午前中に海釣り。

仲間とカレイ・蝦夷メバルが

釣れるという、室蘭の崎守へ。

 

 

塩イソメを付けて、足元にドボン。

底に付く前に、アタリがw

 

 

10~15cmと小さいですが、

体格がいいので、引きを楽しめます。

3時間で40匹程釣り、

10匹は、おかずように持ち帰り、

煮付けで美味しく頂きました。

 

 

期待のカレイは釣れませんでした。

仲間はポテチのようなミニカレイと、

10cmのフグも釣れてましたw

 

 

大物は釣れませんでしたが、

蝦夷メバルの引きを休みなく

楽しみました♪

釣り上げた魚を狙う、ウミネコ。
釣り上げた魚を狙う、ウミネコ。
蝦夷メバル
蝦夷メバルは入れ食いでした。
10cmフグ。
10cmフグ。

 

そして夕方。

魚の活性が高まる時間に渓流へ。

 

 

昨日と違う川ですが、小学生の頃

クワガタを取りに来た場所で、

水も綺麗です。

 

 

当時は、川カジカしか居ないと聞いてましたが、

そんな筈は無いと思い、来てみました。

 

 

今回も赤金のスプーンからスタートして、

2回目のキャストで、

ルアーにアクションをかけた瞬間

ククッ!

 

 

やっぱり居ました

どんな色のニジマスかな?

と思ったら、ヤマメでした♪

 

 

ニジマスとは違った美しい魚体。

さすが渓流の女王です。

サイズは21cmと小型ですが、

引きも見た目も楽しませてくれました。

 

 

昨日ニジマスを持ち帰ったので。

ヤマメはリリース♪

その後、何度もキャストしますが、

まったくアタリも無く、この日は終了しました。 
登別でヤマメを釣る
渓流の女王ヤマメ。魚体が美しい。

翌日は雨が激しく、明日には止む

との事で、道具の手入れ、

ルアーの追加購入、情報収集を

して過ごしました。

 

 

翌朝。雨も止み早朝に渓流へ。

実家から15分で行けるので、

釣りバカにはたまらない環境ですw

 

 

現地へ付くと、増水・水の濁りで

魚の居るポイントを当てられず

ボウズに終わる。また明日に期待。

 

 

翌日は水量・透明度が戻り

いつもの川になっていました。

これはイケそうだ♪

 

 

今回はスピナーでスタート。

3回キャストするもアタリ無し。

まだ魚は元の位置に戻ってきてないかな?

 

 

と思い4回目のキャストで、

コンコン!と軽いアタリ。

 

 

小型のニジマスだと思い、

適当に引き寄せてたら、

バラしました(^^;)

綺麗な魚体を見たかったな~。

 

 

で、バラした後はアタリが無い。

川底に数匹見えるだけに悔しい。

体は小さいけど賢い魚達ですね。

 

 

次に、ヤマメの居る渓流へ向かいました。

初日に釣れたポイントへ、スピナーを投ばす。

グググッ! と気持ち良い感触♪

 

 

ロッドがUL(かなり軟らかい竿)なんで、

20cm程の魚でも引きが楽しめます♪

 

 

釣れた魚はヤマメ(^^)v

初日に釣れたサイズと同じ21cm。

美しいなぁ~、飼いたいなぁ~。

しばし、眺めた後でリリースして、

楽しく終われた1日でした。

登別の渓流で釣れたヤマメ
前日と同じポイントで釣れたヤマメ。
渓流のヤマメ
どの角度から見ても、美しい魚体。

さらなる大物を狙い、渓流からダムへ。

天気も曇りでイイ感じ。

湖面では50cm級のニジマスの

ライズも複数確認できる。

 

 

小学生の時には、餌を遠投して

40cmオーバーのニジマスが掛かったが、

岸まで5mの所で、木に引っ掛かり、

取り逃がした事があるので、

今回は、鼻息荒く挑んでみた。

 

 

1時間程、キャストを繰り返すも

アタリは無し。それをあざ笑うかのように

遠くでライズするニジマス、、、。

 

 

それでも根気よくキャストしていると、

15cm程のウグイが、遊んでくれたw

 

 

その後も、ルアーチェンジしてみたが

反応が無かったので、

モンスターニジマスは来年に。

 

 

しかし、ウグイが最後の1匹とは

収まりが悪い。

埼玉へ帰る前日に、もう一度

ニジマスかヤマメ釣るぞ!

と決めて、この日は竿納めとしました。 
ウグイ
15cmのウグイがw 

迎えた最終日。

ニジマスの魚影が濃い、渓流へ。

今日も曇りで、申し分ないコンディション。

 

 

スタートからヒット率が高い、

黒金のスプーンをキャスト。

5投目までアタリ無し。

 

 

活性が低いので、超スローでルアーを泳がせると

ガツンッ!と重いアタリ。

 

 

これは尺(30.3cm)はありそうだ!!

と高鳴る気持ちを抑えながら、

岸に引き寄せ、目の前に来た所で

ニジマスが豪快なジャンプ!!

 

 

そして、針も外れた

悠然と川底へ消えていくニジマス。

 

 

「いつでも相手になってやるわ!」

とでも言っているかのようで、

ニジマスに1本取られました。

 

 

その後も、キャストを繰り返して見たけど、

やはりアタリは無い。

 

 

次に対峙する時、このニジマスは

40cmになっているだろうか?

次はそれを楽しみに、また来よう。

遊んでくれた魚・川よ、有難う♪ 
BUXスプーン マイヤーのスピナー シルバークリークのスピナー
ヒットルアー。BUX、マイヤー、シルバークリーク。
キタキツネ 幌別川
釣り場に居た、キタキツネ。
幌別川河口では、シャケが釣れてました。
幌別川河口では、シャケが釣れてました。

観光

測量山展望台からの景色
左手に見える橋は白鳥大橋、正面の山は鷲別岳。
せっかく北海道に来たのに、

釣りだけでは勿体無い。

というので、実家から30分程の

測量山、地球岬と観光♪

 

 

測量山も30年振りだろうか?

山頂から見た室蘭は、

山・木が多くて以外でした。

 

 

夜景も魅力的で室蘭市も力入れてます。

室蘭観光のホームページ

 

 

室蘭は鉄鋼・造船の工場があるので、

夜の工場の雰囲気に魅了される方も多いようです。

私も次回は、夜景を見ようと思います。

工場地帯が見えます。次は夜景も見てみたい。
工場地帯が見えます。次は夜景も見てみたい。
右奥に有珠山が見えます。快晴だと羊蹄山も見えます。
右奥に有珠山が見えます。快晴だと羊蹄山も見えます。
トッカリショ
室蘭八景のひとつ、トッカリショ。広大な海が広がってます。