刀剣の美

刀剣博物館へ行ってました。

今回展示されていたのは、現代刀で

1876年(明治9年)~現代に作られた、

刀です。

 

 

初めて本物の刀を見て、

圧倒的な美に魅せられました。

 

 

館内には、資料・映像があり

日本刀の製造工程が分かるように

なっています。

 

 

1000年の歴史がある、たたら製鉄。

刀匠の鍛錬、研師の研磨。

鞘師、塗師、柄巻師、白金師、

彫金師が魂を注いで、日本刀が

生まれます。

 

 

資料映像で印象的だったのが、

たたらの村下さんの

「天地のお陰」という言葉。

 

 

極めてる人間は、感謝のレベルが違う

なと思いました。

 

 

製鉄場には祠、鍛錬場では神棚が設けられ、

職人たちは、毎日手を合わせます。

 

 

現代の日本が、忘れ去った精神性が

まだ残っていて嬉しい限りです。

日本刀の美は、これらの思想が具現化された

物という事を、確信しました。 
神々しい輝き。
神々しい輝き。
彫師の芸術が刀に生命を吹き込みます。
彫師の芸術が刀に生命を吹き込みます。

鞘も時代毎で使用される素材が

違います。古代は牛革・竹を使い、

現代刀は、朴木を使用して薄く

製作されているそうです。

 

 

装飾では厚みをもたせ革包・漆塗が

施され、幕末には蒔絵塗りも

されているとの事。

 

 

その鞘も2種類あり、

刀を持ち歩く際の鞘。

刀を保管する為の白鞘があります。

 

 

通常の鞘ですと、刀と鞘が擦れや

鞘内部の汚れで刀にサビが生じそうです。

 

 

白鞘は刀を保管する時ように。

鞘内部も広く掃除がしやすく作られています。 
日本的な模様が美しい鞘。
日本的な模様が美しい鞘。
塗師の細かい仕事。
塗師の細かい仕事。
日本らしい美の象徴。
日本らしい美の象徴。

こちらも上品な鞘・柄。
こちらも上品な鞘・柄。
刀身を保存する為の白鞘。朴の気で作られるそうです。
刀身を保存する為の白鞘。朴の気で作られるそうです。

手で握る部位で、時代毎で使用される

木・皮・糸・糸の巻き方が違います。

 

 

現代刀は、朴木で白鮫皮が包み、

古代は柚木でサイの角などを使用

していたそうです。

 

 

刀は1000年の歴史があるので、

各部位を見ていくと、

細かい拘りに圧倒されますね。 
見事な獅子・牡丹の彫刻。
見事な獅子・牡丹の彫刻。
公家・上層武士に愛された美しい装飾。
公家・上層武士に愛された美しい装飾。

鍔は日本刀の中でも、小さなパーツですが、

職人は装飾・製作に1年掛ける。

画家の世界ですね。 

車だとエンブレムに当たるでしょうか。

鍔の中に、細かな技術が注がれています。
鍔の中に、細かな技術が注がれています。

短刀

彫師が芸術性・荘厳を高める為に、

施した刀身彫。神仏・名号・植物を

彫る事が多いようです。 
神秘的な彫刻。
神秘的な彫刻。
濡れたような艶の刀身。
濡れたような艶の刀身。

たたら製鉄の職人達。
たたら製鉄の職人達。
最後は磨きです。
最後は磨きです。
刀の磨き工程は、車以上に細かい。
刀の磨き工程は、車以上に細かい。
12工程の磨きで、あの艶・輝きが生まれます。
12工程の磨きで、あの艶・輝きが生まれます。
多岐に渡る刀の製造工程。
多岐に渡る刀の製造工程。