車磨きブログ 2019年1~4月

ベンツCクラス ホイールコーティング

ブレーキダストの焼き付きが目立つ、

ベンツCクラスのホイールコーティングで、

埼玉の志木よりご来店。

 

 

最近、他店でガラスコーティングをされた時に、

ホイールはお断りされたとの事でした。

 

 

確かに、ここまで真っ黒なホイールだと、

時間が掛かるので、

断る方が経営者としては賢いです。

 

 

当店は、好きでやってるので

「これは面白そうだ!」と

受けてしまいます。

 

 

作業は1日半掛かりました。

「新品のように」とは言えませんが、

ブレーキダスト・鉄粉が目立たなくなり、

満足頂けたと思います。

 

 

この度は数ある施工店の中からの

ご依頼、誠に有難うございました。

北海道旅行、楽しんで来てください♪ 
Cクラスのホイールのブレーキダスト
フロントホイールのブレーキダスト。
続きを読む

ユーノスロードスター 幌コーティング セラミックコーティング

ユーノスロードスターの磨き・セラミックコーティング

幌コーティングで三芳よりご来店頂きました。

 

 

塗装は、傷・シミ・チョーキングで荒れており、

「塗装の厚さを考えると除去は難しいです」

と御説明。

 

 

その後、部分的に磨いて

「黒さはこれくらい戻ります」。

と案内しました。

 

 

オーナー様は「オリジナルの塗装を生かしたいので

これで十分」。との事で施工に入りました。

 

 

最初に、幌コーティングを施工。

 

 

幌は以前に新品交換して、

ずっとハードトップも装着されていたので、

汚れも殆どなく、スムーズに施工が出来ました。

 

 

ボディは、細部の黒ずみ・水垢・鉄粉除去に、

かなり時間が掛かりました。

 

 

塗装の劣化が進んでいたので、

ケミカルも強いのが使えなくて苦労しました。

 

 

洗浄後も、気の抜けない研磨作業となり

ハードな3日間となりました。

 

 

お引き渡し時は、艶・手触りに喜んで頂けて、

3日間の疲れも吹き飛んで行くようでした。

 

 

お客様が笑顔で愛車を眺める姿は、

何年この仕事をやっていても、

嬉しい瞬間です。

 

 

車の仕上がり確認後は、

登山・仕事について、色々なお話しも

聞かせて頂き、楽しい時間を過ごせました。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

本当に有難うございました。 
NAロードスターの水垢・黒ずみ
ゴムの周りに、水垢が固まってました。
ロードスターの黒ずみ・水垢汚れ除去 塗装の曇り改善
頑固な水垢・黒ずみを除去。

続きを読む

ゴルフ セラミックコーティング・ホイールコーティング

新車のゴルフで東村山より、ご来店。

黒ですが、「細かい傷等は気にしない」。

との事で、磨き無しセラミックコーティング

ホイールコーティングをオーダー頂きました。

 

 

洗車をすると、汚れ等で埋まっていた

傷が出てきましたが、

私のように神経質でなければ、

問題ないレベルです。

 

 

当店は磨き専門店ですが、

研磨を強要しません

 

 

お客様が傷を気にしないと言えば、

磨く必要はありません。

 

 

それで施工代が安く済んだので

ホイールコーティングも一緒にお願い

という流れになりました。

 

 

磨き有りでボディだけコーティング、

磨き無しでボディ&ホイールコーティング。

金額は、ほぼ変わりませんが、

お客様の満足度は、後者の方が高いです。

 

 

技術も大切ですが、

ユーザー目線に立ったサービスを考える事は

も1番大切だと思います。

 

 

お引き渡し時には、黒いボディの輝きと

深み、手触りもツルツルになり、ご満足頂けました。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

沢山のお菓子の差入れを有難うございました。

今後とも、宜しくお願い致します。 
ゴルフ7のセラミックコーティング 塗装が新車以上の艶 濃色車の施工 埼玉の車磨き専門店
やはり新車の塗装は綺麗です。
続きを読む

ケイマン ボディカバーの擦り傷除去

ボディカバーの擦り傷が目立つ、

黒のケイマンS。多摩のお客様で、

2台目の磨きの御依頼有難うございます。

 

 

塗装に深い傷も沢山ありましたが、

固まったWAXカスも隙間に沢山

詰まっていて、除去に2時間掛かり。

 

 

ずぼらな施工者なら、そのままコーティングするけど

私は気になってイライラします。

 

 

ボディを綺麗に磨く程、少しのWAXカスが

美観を台無しにします。

なので、洗浄も磨きくらい大切です。

 

 

で、お客様が一番気にされている、

ボディカバーの擦り傷は、長さ15cm程で、

深さもありました。

 

 

見た時は、「除去は難しいかな?」と

思いましたが、じっくり攻めて除去。

 

 

一部、残った傷もありますが、

目立たなくなりました

 

 

黒は洗車の仕方に気を付けないと、

傷だらけになって、

嫌になる方も多いです。

 

 

しかし、磨いて綺麗になると

やっぱり黒はイイ!」となります。

 

 

施工する側も、黒い塗装の磨きは

胃が痛くなりますが、達成感は格別です。

 

 

今回は傷が深くて苦労しましたが

美しいバサルトブラックに仕上がり、

楽しい磨き・コーティング施工となりました。
ケイマンのドアに傷 黒い塗装なので傷が目立つ
深い擦り傷が3本。これは嫌ですね。
続きを読む

ビートルRラインマイスター ナノガラスコーティング

新車のビートルは、東松山より

コーティングでご来店。

 

 

メールでお問い合わせ頂き、

スタンダード磨き+ナノガラスコーティング

の組合わせで決めておりました。

 

 

しかし、「ボディカバーを装着します

とご来店時にお聞きして、

提案を改めました。

 

 

カバーを付ければ傷が入るので、

磨き無しでコーティングをして、

傷が気になってきたら磨いた方が、

良いと思います」。

 

 

と、ご案内をして替わりに

ヘッドライトコーティングを追加施工

する事になりました。

 

 

ボディはディーラーで磨いて、傷は少ないですが、

シミは残っていて、可能な限り除去。

その後、ヘッドライトの染み・浅い傷も除去。

 

 

ヘッドライトコーティング、

ナノガラスコーティングをして、

ザ・ビートルの艶が向上しました。

 

 

やはり新車の塗装は綺麗です。

屋外保管で5年、10年経過した車を、

ここまで綺麗にするには、2週間は掛かります。

 

 

このビートルの5年後、10年後も、

新車の艶を維持できるように、

定期的な洗車・コーティングメンテナンスで、

塗装の光沢を維持して頂けたらと思います。

 

 

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠に有難うございました。 
ビートルのガラスコーティング完成 東松山からのご来店 埼玉の車磨き専門店
ブルーシルクメタリックの深い艶。
続きを読む

カイエン・ターボ ボディカバーの擦り傷除去

ボディカバーの傷で、塗装が

艶消し状態でご来店のカイエン・ターボは、

多摩のお客様。

 

 

1500番のペーパーで擦ったように

白ボケて、塗装がシマ模様。

写真では、分かりにくいですが、

かなり目立ちます。

 

 

確認の為、部分的に磨いてお見せして

納得頂いて、施工に入りました。

 

 

部分磨きでは、楽に感じましたが、

全体を磨くと、過酷でした。

 

 

カイエンは塗装が硬いので、

普通の塗装より加圧して磨く

ので腕・足がパンパン(笑)。

 

 

カイエン・ターボは、艶が改善され、

カバーの傷も目立たなくなりました。

 

 

お客様にも納得して頂き、無事に納車。

この度も、ご依頼有難うございました。 
カイエン・ターボのボディカバーの傷が目立つフェンダー
右半分が施工前で艶消し状態。
続きを読む

986ボクスター ヘッドライトのひび・くすみ除去

986ボクスターヘッドライト磨きで、

都内よりご来店頂きました。

 

 

写真では分かりにくいですが、

ひび・くすみが沢山ありました。

 

 

購入時は分からなかったそうですが、

納車されて確認したら、

黄ばみ・くすみが気になって仕方ない

との事で、ご依頼頂きました。

 

 

施工してみると、思ってたより大変で

12時間も掛かりました(笑)

毎回、施工が遅くなっていってるような、、、。

 

 

けど、お客様には喜んでもらえたので、

良しとしましょう♪

 

 

この度は数ある施工店の中からの

御依頼ありがとうございました。

また、大量のお土産、嬉しかったです!

 

 

サラバンドとコーヒーの組合わせ絶品でした♪

頂いた日に完食しましたよ(笑)

ごちそう様でしたm(__)m 
986ボクスターのヘッドライトの黄ばみ・ひび・くすみ
クラック・くすみが目立ちます。
続きを読む

NAロードスター 幌コーティング・セラミックコーティング

幌を新品に交換したので、

幌コーティングしたいのと、

ボディコーティングにも興味がある。

 

 

との事で、お見積りで川越よりご来店。

施工は、後日となりました。

 

 

幌はロビンス社のクロス幌で、

高級感もあり、ボルドーという

ワインレッド風の赤が、

バッチリ決まってます。

 

 

幌が新品になるだけで、

これ程、印象が変わるとは思いませんでした。

 

 

それだけに、ボディの水垢が

かなり目立ちます。

 

 

塗装した所としていない所で、

白・茶色のツートンカラーに

なっている事に不満をお持ちでした。

 

 

傷は気にならないとのお話しで、

先ずは汚れが酷いミラー・トランクを部分的に

磨いてお見せしました。

 

 

すると元通り白くなり、喜んでおりましたので、

「この磨きなら、スタンダードコースより

料金を抑えて施工出来ます。

 

 

浮いた予算で、セラミックコーティングを施工

すれば、水垢の固着も防げて良いと

思います」。

 

 

こんな感じの提案をさせて頂き、

幌コーティングと一緒に、ボディコーティング

施工する事となりました。

 

 

 

先ず、全体を洗浄して磨き・コーティング前の

下地処理作業をします。

幌は新品なので、簡単な洗浄で十分。

 

 

ボディは強めの洗剤を使用して、

出来る限り水垢を除去。

 

 

稀に見る頑固な水垢で、翌日は

腕が筋肉痛になりました(笑)

 

 

次に幌を養生して、磨きです。

塗装されているパネルも磨くと

白さが格段に向上して、

汚れが固着していた事を物語っていました。

 

 

塗装していない所は、塗装が薄く

部分的に色が透けている所も。

 

 

状況に応じて、ソフトに磨いて周りの白さと

差が出ないように施工。

 

 

6時間程で洗浄・磨き工程が完了しました。

 

 

仕上げに幌コーティング・ボディの

セラミックコーティング、

追加になったリップスポイラーの

ガラスコーティングをして完成です。

 

 

ボディも真っ白になり、

赤い幌とのコントラストが美しい

NAロードスターになりました。

 

 

お客様には納車時も喜んで頂き、

翌日にはメールにて、

心がワクワクします」との感想を頂戴して、

とても嬉しく思いました。

メールをプリントアウトして、額に飾ろうかな♪

 

 

この度は数ある施工店の中から、

御依頼を頂き、ありがとうございました。 
NAロードスターの幌コーティング・セラミックコーティング完成
近年、益々カッコよく見えるNAロードスター。
続きを読む

R1250GS ナノガラスコーティング

R1250GS、新車のコーティングで

多摩よりご来店頂きました。

 

 

バイクは隙間が多いので、

洗車は車よりも大変です。

 

 

車のエンジンルームを綺麗にする

作業に近いです。

 

 

ツーリングに行けば、かなり汚れます。

その都度、洗車・WAXに

何時間も掛かり、面倒では?

 

 

コーティングしておけば、

虫汚れも楽に落とせるので、

新車を購入した方に強くオススメです。

 

 

こちらのオーナー様はGSを長く乗って行きたい

という事で、初めてのバイクコーティング

当店に御依頼頂きました。

 

 

洗浄が大変なクロススポークホイールは

ハイエンド・ホイールコーティング、

パニアはナノガラスコーティングで保護。

 

 

カウルは、写真では分からない

微細な傷を、研磨で除去して、

ナノガラスコーティングで保護。

新車がさらに輝きました。

 

 

この度は数ある施工店の中から、

御依頼頂き、誠に有難うございました。 
新車のR1250GSのガラスコーティング完成 濃色車の磨き
タンクの磨き後。
続きを読む

R100RS セラミックコーティング

古いBMWのバイクが入庫。

約30年前のバイクで、

市販車で初のフルカウル車です。

 

 

今でこそ、どのメーカーもフルカウルの

バイクがありますが、R100RS

元になっています。

 

 

実車を見て、

0から1を作り出した、当時の技術者は

本当に凄いなと思いました。

 

 

では、施工の話しに移ります。

こちらのR100RSは、塗装屋さんで

綺麗に再塗装をされて、

新車の様に仕上がっていました。

 

 

そこからさらに美しくするべく、

複数の照明を当て、傷を確認。

 

 

普通に見る分には完璧ですが、

薄い傷が沢山あったので、

磨きで除去しました。

 

 

研磨後のカウルは、当然輝きのレベルが

違います。と言っても塗装屋さんあっての

品質です(^^;)

 

 

他の細かい所は、元々が綺麗だったので、

いつもの半分の時間で洗浄完了。

 

 

古いバイクは1日掛かるので、

今回は本当にラッキーでした。

 

 

最後は、セラミックコーティングして完成。

メタリック粒子の反射が美しく、

30年の歳月を感じさせない色気ある

R100RSに仕上がりました。

 

 

古い物を磨く過程で、麗しくなっていく様は

やはり心地よいですね。

 

 

この度は3台目のコーティングのご依頼、

誠にありがとうございました。  
R100RSのコーティング完成 旧車の研磨 BMWバイクの磨き
突き出した水平対向エンジンがカッコイイ。
続きを読む

BMW・Z3M 幌コーティング・ガラスコーティング

幌コーティングガラスコーティングで、

御遠方よりZ3M・ロードスターが御来店。

 

 

Z3Mは98年デビューなので、

汚れ・傷は年式相応を覚悟してましたが、

とても綺麗に維持されてました。

 

 

特にボディの塗装は、新車より綺麗

と言っても、過言でない状態。

 

 

話しを伺うと10年前にオールペンされた

との事でした。

 

 

今迄、色んな職人さんの仕上がりを

見てきましたが、ここまで完璧な仕事は

見た事がありません。

 

 

特殊照明で見ても、傷は殆ど無いので

「気になる所はありますか?」と伺いすると

「お勧めのコースでお願いします」との事。

 

 

「薄い傷を消すだけで、十分な艶に

仕上がります。コーティングは

Z3Mを長く乗られるとの事なので、

ナノガラスコーティングがお勧めです」。

 

 

このように、ご提案をさせて頂き

幌コーティングとセットの施工に決定。

 

 

状態が良かったので、

スムーズに進み、予定より早く完成

して、ブログ的のネタがありませんw

 

 

仕上がりは写真の通り、

エストリルブルーの

鮮やかさが増し、喜んで頂けました。

 

 

車両お引き取りの際は、気を使って頂き

煎餅を頂いてしまいました(^^;)

 

 

車のお話しも、2時間程楽しませてもらい、

ご来店から納車まで、楽しい時間でした。

 

 

また面白い車ネタを聞かせてください♪

この度は、数ある施工店の中からのご依頼、

誠に有難うございました。

今後とも、よろしくお願い致します。 

Z3Mロードスターの幌の汚れ
幌が薄ら汚れています。
Z3Mロードスターの幌コーティング
幌コーティング後。

続きを読む

東京オートサロン・2019 日本車編

新旧のスポーツカーを、色々見れました。

S2000が個人的に好きで、

VOLTEXさんの車両が印象に残ってます。

 

 

さてスポーツカーと言えば、今年はスープラが発売!

エコカー全盛の時代にスポーツカーを作ってくれる

トヨタに感謝ですね。

昨年は念願のル・マン24の制覇と

19年ぶりにWRC制覇を遂げました。

今後のスポーツモデルにも期待です。

 

 

ホンダブースでは、無限がシビックタイプRベースに

RC20GTというコンセプトカーを展示。

筑波サーキットでは純正のマイナス1.4秒

のタイムを記録との事。

これも発売が楽しみな1台です。

 

 

スバルのブースでは、昨年のニュル24で

5度目のクラス優勝を果たした

WRX・STI・NBRチャレンジが

展示されていて、女性の来場者がタイヤ交換の

体験をしていました。

 

 

LEXUSでニュル24に参戦を続けている

NOVELさんのブースでは、

IS‐F、RC‐Fが展示されていました。

派手さも、色仕掛けも無いブースが、

逆に仕事に対する誠実さを表現していると

感じました。

 

 

ざっくりと紹介してきましたが、

伝わりましたでしょうか?

久しぶりに東京オートサロンへ来て、

会場の熱気が心地良かったです。

 

 

車離れを耳にする事も多いですが、

老若男女問わず、熱心な車好きが居る事を

嬉しく思いました。

 

 

そしてオートサロンは車好きの来場者、

会場に花を添えるコンパニオン、

車を展示するショップ、イベント会社、

広告会社、雑誌社、警備会社。

食事を準備する会社等、

「様々な人の協力・アイデア・技術で、成り立っている」と

強く感じました。

 

 

今年は東京モーターショーも

10月24日(木)~11月4日(月)迄、

開催されるので、また熱気を感じたいと

思います。 
東京オートサロン2019 VOLTEXのブースにS2000
続きを読む

東京オートサロン・2019 外車編

東京オートサロンは、カスタムカーの祭典

と思っていたけど、クラシックカーがダンロップの

ブースに展示してありました。

車はベントレー・3リットルスピード(1924年式)。

 

 

バスの様な大径ステアリングに

縄?が巻いてあり、時代を感じさせます。

T型フォードを初め、馬車にエンジンを

付けたようなスタイルが、この時代の特徴。

 

 

エンジン音・乗り心地はどんな感じなのか?

助手席の試乗体験を企画してほしいです。

原点を知る事で、興味を持つ若者も増える

と思うのですが如何だろうか?

 

 

アストンマーティンのブースは、

小さな展示スペースに新型の

DB11AMR、ヴァンテージを展示。

フェラーリ、ポルシェとは違った

上質感に溢れていました。

 

 

普段の施工で、空冷ポルシェは見慣れているのですが、

カーボンボディのナローポルシェには驚きでした。

4LAWSというショップさんの車両で、

とても綺麗に仕上がっていて、見惚れていました。

どれくらい軽くなるんでしょう?ワクワクしますね。

 

 

そして、とんでもないランチア・デルタも発見。

このブリスターフェンダー、ディフューザー!

まるでヒルクライムのモンスターマシンです。

あのケン・ブロックさんも、「今回の目玉」

と言われたそうです。

展示はSANO DESIGN×畑野自動車さん。

 

 

他にもインパクトのある車を多数見れて、

良い刺激になりました。

来年の東京オートサロンも今から楽しみです。 
ベントレー・3リットル・スピード 東京オートサロンにて展示
縄を巻いたステアリング。
東京オートサロンにてベントレー・3リットル・スピード
横から見るとバッタです。

続きを読む

AMG・GLC43 傷除去

AMG・GLC43の傷が気になるとの事で、

秩父よりリピートのお客様。

昨年も、部分的な傷の除去でご来店でした。

 

 

黒は傷が目立ちやすいので、

ディーラー、カーショップでも、

扱いに気をつけないと、

知らぬ間にお客様の車に傷を付けます。

 

 

今回の傷も、点検で出した後に

発見された傷が4か所、、、。

 

 

幸い、磨きで目立たなくなったから

良かったですが。

 

 

高級ブランドでも、雑な作業・言葉づかいで、

価値は下がり、お客様は離れます。

 

 

【人の振り見て、我が振り直せ】と

強く思った施工でした。 
AMG・GLCの傷
フェンダーに深い傷。
GLC43の傷除去 濃色車の磨き 黒い車の艶出し
磨き後。

続きを読む